キャンピングカーをラッピングするとカッコ良く目立ちます!

キャンピングカー活用法

slackline_01

日本初のスラックラインワールドカップ(2017 Slackline World Cup Japan)の開催にむけてオフィシャルカーのキャンピングカーがラッピングされました。

キャンピングカーは走っているだけで目立ちます。それをラッピングするとより目立ちます。
キャンピングカーのラッピングは広告への利用と 関係者のモチベーションアップとして面白い素材です。

2017スラックラインワールドカップジャパン実行委員会 委員長の林映寿氏に経緯を取材しました。

オフィシャルカーをキャンピングカーにしたきっかけは?

キャンピングカーに興味を持っていましたが、スラックラインの各地大会やイベントへキャンピングカーで参加出来れば面白いだろうと考えていました。
今年9月に開催が決まったスラックラインワールドカップジャパンへ向けてもキャンピングカーをラッピングして各地を回ればワールドカップに向けた盛り上がりも期待できると思っていました。
そんなおり、レヴォレーターの板谷社長からオフィシャルカーとしてキャンピングカーを提供出来ると聞いて即決しました。

ラッピングしたキャンピングカーの効果はいかがですか?

抜群です!
先日ワールドカップに向けた決起集会を開催しましたが、会場入り口にオフィシャルカーを置いただけで入口の雰囲気は盛り上がりました。 ワールドカップへ向けた力の入り方も関係者の皆さんに理解していただけたと思います。

slackline_02

オフィシャルカーはどんな使い方をしていますか?

キャンピングカーならではの効果を発揮して活躍しています。
競技には子供たちも参加するのですが、キャンピングカーというだけで大人気です。
屋外イベントとして参加した先が雨のとき、キャンピングカーの広いリビングで待っていることで苦になりません。
遠征してきた選手の簡易宿泊施設として活躍することもあります。

これからどんなことを目指していいますか?

昨年アメリカで行われたXGames(エックスゲーム)スラックライン大会で木下晴稀君が優勝しています。
日本人のチャンピオンがいることを知らない人も多いと思います。
スラックラインはスノーボードのように若者に人気のあるカッコイイスポーツです。綱渡りとして初心者が楽しむことも出来ます。このスポーツの知名度をもっと上げていきたいと思います。
知名度とイメージアップにはキャンピングカーも大きく貢献してもらえると思います。
まずは9月のワールドカップを皆さんに知ってもらい、成功につなげたいと思います。

slackline_02

スラックラインとは

スラックラインはベルト状のラインを利用した一種の綱渡りです。
競技では、ジャンプや宙返りなどアクロバティックな演技で競います。

スラックラインワールドカップ(2017 Slackline World Cup Japan)

ベース車両
キャンピングカーのデスレフ グローブトロッター(Dethleffs GLOBETOTTER)
車両提供はレンタルキャンピングカーの事業を行っているCAMP IN CAR(株式会社レヴォレーター 本社:東京都渋谷区恵比寿 代表取締役:板谷 俊明氏)
CAMP IN CAR

キャンピングカー活用法


レンタルキャンピングカーネット