ライトエース・タウンエースのキャンピングカー6選

キャンピングカー紹介
, , , ,

lite-town_ace_01

タウンエースライトエースをベースにしたキャンピングカーが注目されています。軽自動車のサイズでは小さく、カムロードなどのトラックベースのキャブコンでは大きい、と感じていた人が、ちょうどよいサイズとして、ライトエースやタウンエースのキャブコンを選んでいるようです。

2車種の違いはトヨタの販売チャンネルの違いで、クルマは同じものです。キャブコンのベースとなるトラックモデルのサイズは全長4275mm、全幅1675mm、全高1890mm。エンジンは1.5リットルタイプが搭載されています。

タイヤが4隅に配置された特徴的なスタイルで、コンパクトサイズながら、安定感のある走りを実現しました。キャブコンとして架装されても、コンパクトな取り回しは、あまり変わりません。キャブコンながら、運転のしやすいモデルがラインアップされています。

でも、コンパクトなサイズだからこそ、インテリアがどうなっているのかなど、気になっている人も多いと思います。そこで今回はジャパンキャンピングカーショー2020で展示されていた車両から、タウンエースやライトエースベースのキャンピングカーをピックアップしてみました。

コンパクトなキャブコンの実力を実感してみてください。

スライドアウトで室内スペースと取り回しの良さを両立

かーいんてりあ高橋 ネオユーロスライドアウト

かーいんてりあ高橋のネオユーロスライドアウト
寸法(mm)
全長4,490mm/全幅1,720mm/全高2,580mm
定員
乗車定員5名/就寝定員4名
価格
¥4,680,000(税別)~
かーいんてりあ高橋のネオユーロスライドアウト車内

コンパクトサイズながら本格的なキャブコンを味わえるネオユーロ。超軽量化された架装部分は、あえてサイズを抑え、運転しやすいボディサイズを狙っています。全幅は街乗りも安心の1720mm。さらに、室内の快適性を求めて、スライドアウトモデルも登場しました。

かーいんてりあ高橋のネオユーロスライドアウト内装

30cmスライドアウトすることで、室内空間が広がります。自宅などで駐車する時はコンパクトに、フィールドではゆったりとできるスペースを確保できるようになっているのです。リア側にはシンクなどの水回りが配置され、荷物入れやトイレに使えるマルチルームまであります。

ワンランク上を目指したゆとりのあるコンパクトキャブコン

AZ-MAX Feel追加仕様

AZ-MAXのFeel追加仕様
寸法(mm)
全長4,690mm/全幅1,940mm/全高2,600mm
定員
乗車定員6名/就寝定員4名
価格
¥4,380,000(税別)~
AZ-MAXFeelの車内

無垢材をふんだんに使い、落ち着いた雰囲気のフィール。リアエントランスで中央にベンチシートが配置されています。長年、軽自動車キャブコンを手がけてきたAZ-MAXが、ベース車両をサイズアップして、これまでの技術を投入した意欲的な一台です。

AZ-MAXFeelのバンクベッド

バンクベッドは十分な広さがあり、大人でもゆったりと寝られるスペースが確保されました。コンパクトキャブコンでは珍しく、バンク部分にも2つの窓を取り付けているので、採光や換気にも使えます。圧迫感が軽減される効果も期待できそうです。

風の流れをイメージできるスタイリッシュなロープロファイルモデル

セキソーボディのトム23

セキソーボディのトム23
寸法(mm)
全長4,850mm/全幅1,920mm/全高2,630mm
定員
乗車定員6名/就寝定員5名
価格
¥4,200,000(税別)~
セキソーボディトム23の車内

流れるようなエクステリアデザインが特徴のセキソーボディのキャブコン。コンパクトなモデルも、大型キャブコンと同じように、スタイリッシュな仕上がりになっています。軽量化を追求しているので、ライトエースの1.5リットルエンジンでも十分な機動性があります。

セキソーボディトム23のバンクベッド

バンク部分は、風を切って走るようなロープロファイルデザインですが、バンクベッドがしっかりとセットされています。ベッド部分の手前へのスライド幅が広くなっていますが、両サイドにスペースを空けているので、開放感があります。

走行性能と居住性を向上させるポップアップルーフ

バンショップミカミ Dテントむし

バンショップミカミのDテントむし
寸法(mm)
全長4,550mm/全幅1,770mm/全高2,090mm
定員
乗車定員6名/就寝定員2名
価格
¥3,718,000(税別)~
バンショップミカミDテントむしの車内

軽キャンパーのテントむしで有名なバンショップミカミでは、テントむしの便利さを、そのままサイズアップしたような、Dテントむしがラインアップされています。キャビンの広さを最大限に活かし、広々としたスペースを確保しました。大人数でテーブルを囲んでの宴会も可能です。

バンショップミカミDテントむしの内装

ルーフがポップアップになっているので、走行時は全高が2090mmという低さをキープできることが特徴です。風の影響が軽減され、ドライビングも安定します。目的地に到着したら、ルーフをポップアップすることで、車内を立って移動できるスペースが確保できます。

ファミリーユースにうれしい機能性が詰まったコンパクトキャブコン

エートゥゼット アレン

エートゥゼット アレン
寸法(mm)
全長4,620mm/全幅1,840mm/全高2,500mm
定員
乗車定員6名/就寝定員2+3名
価格
¥3,800,000(税別)~
エートゥゼットアレンの車内

コンパクトなボディに常設2段ベッドを設置したアレン。キャブコンメーカーとして、数多くのモデルを手がけてるエートゥゼットらしく、インテリア家具も、大型キャブコンと変わらない作りです。電子レンジや冷蔵庫も標準装備された、機能満載のモデルです。

エートゥゼットアレンのバンクスペース

バンクスペースもしっかりと確保されていて、荷物置き場に利用したり、子どもたちのベッドスペースにも活用できます。小さなお子さんがいるファミリーなどにはピッタリのモデルと言えるのではないでしょうか。

北米の風を感じるパネルデザインとインテリア

M.Y.Sミスティック レジストロ・アウル

M.Y.Sミスティックのレジストロ・アウル
寸法(mm)
全長4,680mm/全幅1,910mm/全高2,590mm
定員
乗車定員5名/就寝定員5名
価格
¥4,013,370(税別)~
M.Y.Sミスティックのレジストロアウル車内

最後に、他のモデルとは雰囲気の違うクルマをご紹介します。そのデザイン性の高さから注目されてきた、レジストロシリーズです。国内唯一のトラキャンビルダー、M.Y.Sミスティックが製造販売するモデルです。軽自動車ベースの展開でスタートを切り、後にライトエースを使ったアウルがシリーズに加わりました。

M.Y.Sミスティックのレジストロアウル内装

外観はアメリカンスタイルのボディパネルが目を引きます。室内も外観のイメージ通り、北米デザイン。スライド式バンクベッドに広々としたベンチシートが装備されています。さらに、リチウムイオンエディション(写真上記2枚)ではクーラーなども装備できるパワーを誇ります。

タウンエース、ライトエースをベース車両にしたキャンピングカーを見てきました。室内を見ると、どれも十分なスペースが確保されています。ボディサイズも、それほど大きくないので、街乗りでも安心して運転できるのは大きなアドバンテージです。

ちょうどいいサイズのコンパクトキャブコン。キャンピングカーが気になっている人であれば、このミドルレンジのカテゴリーもチェックしてみてはいかがでしょうか。

WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, , , ,

RVランド「キャンピングカー専門店RVランドのキャンピングカー買取り最高の舞台がある委託販売」
RVランド「キャンピングカー専門店RVランドのキャンピングカー買取り最高の舞台がある委託販売」

レンタルキャンピングカーネット