画期的な足回りパーツ「コイルオーバー式リアショックアブソーバー」

NEWS
,

coilover_01

キャンピングカー専用のオリジナル足回りパーツを多数ラインナップする『シャドウ』から、カムロード、ハイエース用の「コイルオーバー式リアショックアブソーバー」がリリースされた。

長年モータースポーツに携わってきた『シャドウ』は、サスペンションチューニングに豊富なノウハウを持つ「走りのプロフェッショナル」。ショップの代表がキャンピングカーオーナーであることから、自身のチューニングノウハウをキャンピングカーに落とし込み、今までにないエポックメイキングな足回りパーツの開発に成功した。

「コイルオーバー式リアショックアブソーバー」は、キャンピングカーの車重に対して不足している純正リアリーフスプリングのバネレートを、補助スプリングの追加によって補うのが目的。今回は、キャンピングカーの走りを劇的にアップグレードする注目の足回りパーツを、実走インプレッションを交えて詳しくレポートする。

なぜキャンピングカーに足回り強化が必要なのか?

coilover_02

キャンピングカーは、空気抵抗の大きいボディ形状、キャンパー架装による重量の増加など、走行性能に悪影響を及ぼす要素がそろっている。もちろん、キャンピングカーで速く走る必要はないが、同じ速度で巡行する場合でも安定性が向上すれば、より快適で安全なドライブが可能になり、長距離運転時の疲労も軽減する。「速く」ではなく、より「安全」「快適」に走る。それが、キャンピングカー足回りチューニングの意義だ。

coilover_03

キャンピングカーの走行性能を悪化させる大きな要因の一つが、居住空間となるリアの重量増加によって、リアの車高が下がってしまう「尻下がり」と呼ばれる現象だ。これがフロントの接地感を悪化させ、フラフラとした不安定な挙動を引き起こす。また、リアの車高が下がって走行中にホーシングがバンプラバーに接触するようになると、乗り心地が極端に悪化する。

そんな「百害あって一利なし」の尻下がりを矯正するため、キャンピングカーの世界では増しリーフやエアバッグの追加といった様々な対策が取られてきた。増しリーフは、バネレートが上がって尻下がりを解消できる半面、リーフスプリングの特性上、路面からの突き上げが強くなり、乗り心地が悪化する。エアサスは、尻下がりの解消、走行安定性の向上に効果的だが、価格が高額なのとエア漏れのリスクがあるのがデメリット。

そうした既存パーツのデメリットを払拭し、今まで限られた手法しか選べなかったキャンピングカーの尻下がり矯正の新たな手法として誕生したのが、シャドウの「コイルオーバー式リアショックアブソーバー」だ。

コイルオーバー式リアショックのコンセプト

coilover_04

尻下がりの矯正

純正リーフスプリングの機構はそのまま残し、コイルスプリングをサポートとして追加することで、リアの車高を上げて尻下がりの姿勢を矯正。ボディを水平に保ち、本来のサスペンション性能を引き出す。

走行安定性の向上

リアに追加したサポートスプリングの効果で、姿勢の矯正と同時に走行中の水平保持力を強化。過度なロールを抑制することで、直進安定性とコーナリング性能を同時にグレードアップする。

快適な乗り心地

路面からの突き上げが強いリーフスプリングではなく、しなやかな特性のコイルスプリングを採用することで、バネの力を強化しながらも滑らかな乗り心地を実現。

増しリーフよりも乗り心地がよく、エアサスのようにエア漏れのリスクやメンテナンスの必要性がない、画期的なコイルオーバー式リアショックアブソーバー。ショック自体の構造は、ガスとオイルの容量が多く安定した減衰力が得られる単筒式を採用しており、オーバーホールも可能となっている。

パーツ装着で走りはどう変わったか!?

コイルオーバー式リアショックがどの程度の効果を発揮するのか確認するため、ハイエースベースのキャブコンにパーツを装着して、実走テストを試みた。

coilover_05

まずは、リアの車高アップについて。装着前の計測では、地面からフェンダーアーチまでの距離は、左リアが72.2cm、右リアが71.3cm。コイルオーバー式リアショック装着後に再度計測したところ、左リアが74.6cm、右リアが74.1cm。左右共に車高が1インチ前後高くなり、尻下がり気味だった前後の車高がほぼ水平になった。これは、コイルオーバー式リアショックの目に見える効果だ。

coilover_06

コイルオーバー式リアショック装着後、ショップから道路に出る際の段差で早くも効果を体感した。今までは段差を降りる際、ボディが「ユッサ、ユッサ」と揺れるイメージだったが、パーツ交換後はボディが水平状態を保ちながら「トン、トン」と段差を降りる感じ。ボディの揺れも素早く収束し、不快な揺り返しは皆無だ。

走行中に明らかな変化を体感できるのは、ロール量の減少。強化ショックでロールスピードを遅くするのとは違い、リアサスペンションのバネの力を強化したことでロール量自体が減少し、ボディが常に水平状態をキープするようになった。交差点での右左折や車線変更では、ボディが外側に大きく傾くことなく、安定した姿勢のままスッと曲がっていく。高速ICのループや峠道などのタイトコーナーでも、過度なロールをすることなく、最小限のステアリング操作で4輪が狙ったラインをスムーズにトレースする。今まで、コーナーではリアが腰砕けになる感覚だったが、パーツ交換後は水平を保ちながらリアからグイッと回っていくイメージで、コーナリング時の安定感が大幅に向上した。

乗り心地は、以前よりも多少突き上げが強くなった感じもあるが、さほど気にならないレベル。しなやかな特性のコイルスプリングの効果で、足回りの剛性感に対し乗り心地は思ったよりもマイルドだ。とくに、車速の低い一般道では、ボディの水平保持力が上がり、フラフラとしたボディの揺れが軽減したことで、以前よりも乗り心地が良くなったと感じるほど。乗り手によって好みや感じ方は異なるので、乗り心地が気になる人はパーツ導入前に『シャドウ』に足を運び、コイルオーバー式リアショックを装着した同社のデモカー(カムロードベースのキャブコン)を試乗させてもらうのも手だろう。

補足になるが、今回コイルオーバー式リアショックを装着したキャブコンは、前後スタビライザー、減衰調整式ショックで、一通り足回りを強化した状態。すでに純正から走行性能を大幅にアップグレードしているため、新規で足回りパーツのインプレッションを行うにはかなり過酷な条件と言えるが、それでもコイルオーバー式リアショックの効果を確実に体感することができた。これが、もし純正足回りからのアップグレードなら、走りの劇的な変化に驚くことだろう。

コイルオーバー式リアショックがもたらすメリット

coilover_07

画期的な足回りパーツ「コイルオーバー式リアショックアブソーバー」の登場により、これまでエアサスや増しリーフしか選べなかったキャンピングカーの姿勢矯正の手法に、新たな選択肢が増えた。どのパーツにも必ずメリットとデメリットがあるが、選択肢が多ければ自分のニーズやクルマの特性に合ったパーツを自由にセレクトできるようになる。それが、ユーザーにとっての大きなメリットだ。

尻下がりの矯正と走行安定性向上に確実な効果を発揮する「コイルオーバー式リアショックアブソーバー」は、重心が高くリアヘビーなキャブコンと相性抜群。カムロード用とハイエース用がリリースされているので、フラフラとした安定感のない走りに不満を感じているユーザーなら試してみる価値はある。「キャンピングカーだから走りは我慢する」のではなく、キャンピングカーだからこそ、適正な足回りチューニングで安全性と快適性を向上させるべきだ。

最後に、足回りのチューニングは、やみくもに強化パーツを装着すればいいというものではなく、パーツ同士の相性やトータルバランスが重要となる。安全に直結する大切な部分なので、パーツチョイスや取り付けは知識のあるビルダーやキャンピングカーの足回りに強い専門ショップに相談するのがベターだ。

coilover_08

コイルオーバー式リアショックアブソーバー
14万円+税(リア2本セット)※取付工賃1万2000円+税
車検対応品
※写真はプロトタイプなので、製品とは一部仕様が異なります

関連リンク

SHADOU(シャドウ)
埼玉県加須市川口3-13-6
TEL:0480-67-0685
ホームページはこちら
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに700泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS
,


レンタルキャンピングカーネット