全国のキャンピングカービルダーが注目する岡モータース

NEWS

okamotors_01

軽キャンパー ミニチュアクルーズのビルダーとして知られる株式会社岡モータースは香川県高松市にあり、キャンピングカーの販売店として関西、四国で有名です。そこで年2回(春・秋)行われるプライベート展示会は全国のビルダーがキャンピングカーを持ち寄り、展示総数70台以上という規模で行われます。10月に行われた四国キャンピングカーショーに密着しました。

軽キャンパー ミニチュアクルーズシリーズ全車種展示
軽キャンパー ミニチュアクルーズシリーズ全車種展示

最新モデルが揃う魅力的な展示会

ハイクラスキャンピングカーのハイマーとバスコン
ハイクラスキャンピングカーのハイマーとバスコン

プライベート展示会とは、キャンピングカーの販売店が独自に行うもので、そのため通常は限られた規模で行われます。
ところが同社の展示会にはキャンピングカーショーと呼ぶにふさわしく、全国のビルダーが何台もの最新のキャンピングカーを持ち込み盛大に開催されています。

全国からキャンピングカービルダーが集結
全国からキャンピングカービルダーが集結

展示車は同社が製作するミニチュアクルーズ全車をはじめ、ハイクラスキャンピングカーのハイマーが3台(+トレーラー)、バスコンが2台、そして埼玉、神奈川、茨城、愛知、岐阜、山梨、新潟、京都、大阪など各地からビルダーが最新のキャンピングカーやトレーラー、車中泊車を携えて参加しています。

ミニチュアクルーズは会場でも人気
ミニチュアクルーズは会場でも人気
最新のキャンピングカーが一堂に会します
最新のキャンピングカーが一堂に会します

四国をはじめ、関西方面から続々来場

120台置ける駐車場はすぐ満杯に
120台置ける駐車場はすぐ満杯に

開場と同時に来場者が続々と現れます。クルマのナンバーを見ると、香川、愛媛、徳島、高知は当たり前、大阪、滋賀、神戸、姫路、岡山、倉敷、広島、島根と関西、中国地方の本州からの来訪者が多数います。
120台は停められる駐車場がすぐ満杯になりました。
皆さん真剣にキャンピングカーを見ており、2~3時間は滞在されているようです。

もちろんキャンピングカーで駆けつける方も多数
もちろんキャンピングカーで駆けつける方も多数

岡社長に聞く

株式会社岡モータース 代表取締役 岡 宏治氏
株式会社岡モータース 代表取締役 岡 宏治氏

株式会社岡モータースの岡社長にお話しを伺いました。

盛況な展示会ですね

ありがとうございます。参加していただけるビルダーさんが毎回少しずつ増えていきました。今回も初めて参加されるビルダーさんがいます。

普段も本州からのお客さんは多いのですか?

はい。瀬戸大橋を渡って来られるお客様は多いです。購入目的で大阪、兵庫からもいらっしゃいますし、九州から来られる方もいます。

来場者も多く、盛況な会場
来場者も多く、盛況な会場

何がお客さんを引き付けているのでしょう

今日は展示会で70台以上のキャンピングカーが揃っていますが、普段でも40台以上の新車キャンピングカーを展示しています。バラエティに富むキャンピングカーを実際に見比べていただけるのが好評なようです。

ミニチュアクルーズを作られたきっかけは?

お客様の声からです。当時軽キャンパーは外装もしっかり架装されていますが、価格は300万円以上していました。外観は普通のクルマのままで良いので。予算は200万円位。
水回りがあって、サブバッテリーと走行充電付、収納スペース、そして二人が快適に寝ることができるベットが欲しいと言われました。当時取引のあるビルダーに交渉はしてみましたが、その装備でその予算は無理と言われ、それなら自分たちで作ろうということになりました。

ミニチュアクルーズお遍路仕様
ミニチュアクルーズお遍路仕様

お客さんの声を大事にされているのですね

はい。社員一同で大切にしているのはユーザーの側に立つということです。そうするとお客様の声を聞くことからはじまりますし、そうすればお客様が求めているものが提供出来ると思っています。

これからやりたいことをお話し下さい

キャンピングカーづくりは現在のラインアップにないものがあれば手掛けていきたいと思っています。お客様から要望をいただくことも多いので福祉車両や事務所カーといったものも面白いと思っています。
また、丁度レンタルのキャンピングカーもはじめましたので、取りあえずキャンピングカーを体験してみたいという人たちにはどんどん使っていただきたいと思います。

編集後記

もちろんトレーラーもあります
もちろんトレーラーもあります

岡モータースは創業60年近く、もとは一般車の販売からはじまり、西日本を代表するキャンピングカーの販売店になっています。お客様の声を大事にしている姿勢はユーザーからも支持され、自然とキャンピングカービルダーも集まっていったことが良くわかりました。

NEWS


レンタルキャンピングカーネット