年中無休!仕事終わりに立ち寄れるPSラウンジでキャンピングカー仕様のアルトピアーノを発見

NEWS
, , , , , ,

年中無休!仕事終わりに立ち寄れるPSラウンジでキャンピングカー仕様のアルトピアーノを発見

キャンピングカー仕様のアルトピアーノを販売する神奈川トヨタ自動車が、新しい形態の販売店「PSラウンジ」をららぽーと海老名にオープンさせました。

PSとはプラネタリー・ショップのことで、移動展示会場として、同社が展開していた販売店のスタイルです。

人気のモデルが常時展示されていて、さらに利便性の高いショッピングモールの中にあるとは、ちょっと気になります。そこで、PSラウンジららぽーと海老名店へ行ってきました。

ショッピングモールの中にある意外性がキャンピングカーとの出合いになる

ららぽーと海老名

ららぽーと海老名は海老名駅と連絡通路でつながった場所にあります。訪れた時間帯は夕方。仕事、学校帰りの人の波がショッピングモールの中に流れ込んでいきます。周辺にはマンションなどの住宅が立ち並び、帰宅前に立ち寄る人が多い印象です。

PSラウンジ

駅側の入口からから入って、奥の方へ進むと、1階にPSラウンジがあります。目印はもちろんアルトピアーノ。クルマの販売店というイメージは薄く、クルマ以外の展示物も特徴的です。

周辺は一般的なショッピングモール同様に、雑貨や洋服などを販売しているお店が並んでいます。そのなかで、突然、クルマが展示されているPSラウンジが現れるのですが、回りのショップに馴染んでいて、違和感はまったくありませんでした。

店長の堀内さん

お店について、PS推進室室長の堀内さんにお話をうかがいました。お店のコンセプトを聞いてみると、

「アルトピアーノをきっかけに足を止めてもらい、アウトドア、防災などを意識してもらえることをコンセプトにしています。キャンピングカー仕様のクルマを知らない方も多いので、こんなクルマがあるんだね、と知っていただければと考えています」と教えてくれました。

ショッピングを目的に訪れた人にとっても、気になる存在であることで、クルマを知ってもらえることがポイント。そして、防災などにキャンピングカー仕様のアルトピアーノなどが活用できることを知ってもらい、防災意識を高めることも目的にしているようです。

アルトピアーノの車内

今回オープンしたららぽーと海老名店で目を引くのが、タウンエース・ハイエースをベースにしたアルトピアーノ。この2台を常設したのもPSラウンジとしては初めてのことだそうです。

上の写真はタウンエースベースのアルトピアーノ。コンパクトな機動性が人気で、かわいらしいツートーンカラーも好評のモデルです。

ナンバーは4ナンバーなので、維持費も駐車場スペースのことを考えても、普通乗用車からの乗り換えがスムーズ。多くの人が足を止めて、見学しているそうです。

ハイエースベースのアルトピアーノの車内

上の写真はハイエースベースのアルトピアーノです。大小2種類のアルトピアーノが展示されているので、クルマごとの、車内レイアウトや展開などを体験することも可能です。キャンピングカーを知らない人にとっては、貴重な体験になるのではないでしょうか。

「アルトピアーノは本格的なキャンピングカーというよりは、手軽に車内の時間を楽しめるクルマです。ここへ来て、クルマの中で休憩したり、時には、被災時に避難できる場所としても利用できることを感じていただければと考えています」と堀内さんも言っていました。

アルトピアーノに限らず、神奈川トヨタ自動車のクルマはこの場で購入することもできるので、見積もりもお願いできるそうです。下取り車両があっても、ららぽーとの駐車場で査定もできる、といいます。

ちょっと変わった雑貨店のようなショップですが、街にあるクルマのディーラーと同じ。ここなら、気軽にクルマの相談ができそうです。

キャンピングカーから防災、そして非常食から宇宙食まで

アウトドアグッズや非常食が並ぶ棚

お店の中心に2台のアルトピアーノが展示されていて、その回りの棚には、防災×アウトドア、宇宙×非常食、と気になるプレートが掲げられていました。

神奈川トヨタ自動車ではマイクスというアウトドアショップを展開していることから、これまでのPSラウンジではアウトドアグッズが充実していました。

このららぽーと海老名店では、防災が棚の多くを占めていますが、アウトドアグッズも充実しています。アイテムが絞られていることもあって、セレクトショップの様です。

入り口の宇宙服

入り口に宇宙服があって気になっていたのですが、宇宙と非常食ということで、宇宙食まで展示されています。

宇宙食

防災対策としての非常食を準備する時、保存ができる宇宙食も重宝する存在です。防災非常食ではあまり見かけない、ショートケーキなどがあるのも特徴です。

宇宙食は究極の環境のなかで、いかに快適に生活するかを考えているので、趣向性の高い食品が多いのかもしれません。

防災ずきん入りクッション

防災のアイデア商品も並んでいます。上の写真はクッションになっていて、中に防災ずきんが収納されています。

機能的には以前からあったタイプと同じですが、座り心地が良く、インテリアに調和するカラーリングが現代風です。

クルマ以外のアイテムはその場で購入することができません。でも、各棚に商品の詳細が分かるリンクのQRコードが表示されているので、スマホなどで商品を確認して、ネットショッピングすることもできるのです。

PSラウンジでアイテムを手にとって確認して、リンク先で購入するスタイルです。

期間限定での企画展も開催して、新しい発見のあるPSラウンジ

商品化されていないアイテム

棚の一角には商品化されていないアイテムも展示されていました。これは、自動車を製造する時に出てくる廃材を再利用したアウトドアギアだそうです。

今回はトヨタのクルマパーツを作っている豊田合成とトヨタによる展示でした。サスティナブルな企業の取り組みを知る展示です。

シートベルトやシートの再生生地を利用した椅子 シートベルトやシートの再生生地を利用したキーホルダー

シートベルトやシートの生地が再利用され、イスやバッグ、キーホルダーになっています。イスのヘッドレスト部分にあるQRコードを読み取ると、このアイテムを作った企業のサイトが表示され、アイテムについてのアンケートに答えられるようになっていました。

アンケート

このように、商品化する前に市場調査をするために、棚を借りてアンケートを集めているそうです。

このエリアは企画の棚として、いろいろなアイテムが期間限定で並ぶことになります。この企画展示で新しい情報をキャッチするために、PSラウンジを訪れるのもいいかもしれません。

ららぽーと海老名にオープンしたアルトピアーノ販売店はやっぱり便利でした

夕方のららぽーと海老名の外観

今回訪れたアルトピアーノが展示されているPSラウンジは、有名なショッピングモールのららぽーとの中にありました。

営業時間はららぽーと海老名店と同じ。ということは、ほぼ年中無休でオープンしているということです。また、夜遅くまでオープンしているので、仕事帰りに立ち寄ることもできます。

気軽にクルマを見学できて、時間的な余裕もあるということで、キャンピングカーが気になっていた人にとっては、ありがたい存在のショップといえるのではないでしょうか。

実際、アルトピアーノに乗ってみて、アウトドアでのレジャー、そして、災害時の避難場所としての活用など、いろいろなアイデアを想像してみるのもいいでしょう。

訪れるお客さんはクルマだけでなく、宇宙食をはじめ、そのコンセプトを体感している人も多いとのことです。

防災を意識して、クルマの可能性を考えられる新しいコンセプトのクルマ販売店PSラウンジららぽーと海老名に足を運んでみてはいかがでしょうか。

PSラウンジららぽーと海老名店|トヨタモビリティ神奈川

住所
神奈川県海老名市扇町13-1 ららぽーと海老名1F
TEL
046-240-1622
営業時間
10:00~21:00
定休日
年中無休
ホームページはこちら
WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS
, , , , , ,

アルトピアーノ「 LETS ENJOY OUTDOOR」
アルトピアーノ「 LETS ENJOY OUTDOOR」
レンタルキャンピングカーネット