信頼と期待を寄せられるキャンピングカーSAKURA&SINOBI

NEWS
,

sakura_sinobi_01

数年前に設立された日本特種ボディー株式会社 (NTB)
歴史が浅いにも関わらず、多くのキャブコンファンから信頼と期待を寄せられています。
最初に開発されたキャンピングカーSAKURA、そしてフラッグシップSINOBIからNTBの人気の秘密を探ります。

キャンピングカー専用シャシーいすゞBe-cam(ビーカム)

NTB最大の特色はトラック、バスの専業メーカー いすゞ自動車がキャンピングカー専用に開発したシャシーを使っていることです。
ベースになるエルフはいすゞ自動車が国内で多数販売している車種で、車両総重量が4tを超えるキャンピングカーとしての架装をしても十分な余裕があります。

Be-camが使われていることをしめすエンブレム
Be-camが使われていることをしめすエンブレム

主な専用設計部

1) ワンランク上の頑丈なシャシーとブレーキ
SAKURAのサイズでは1.5t標準ボディーを使用しますが、2t用のシャシー、ブレーキ系を使い、重いキャンピングカーの安全性を確保しています。

2) 走行安定性と乗り心地を重視した足回り
足回りがキャンピングカー用に調整され、走行安定性を確保。横風の影響を受けやすいキャブコンの高速走行も安定させています。
キャンピングカーに必要な乗り心地も重視し、特にキャビン部は横揺れが抑えられ、乗り心地がよくなっています。
足回りはメーカーのテストコースでチューニングされていることが大きく貢献しています。

3) 発電量の多いオルタネーター
キャンピングカーでは電気をたくさん消費します。そのため車内の生活を賄うための十分な発電量を確保しています。

椅子の生地や家具の色は自由に選べます
椅子の生地や家具の色は自由に選べます

4) 効率の良いDC24V専用エアコン アイクール
いすゞでキャンピングカー用に設計されたエアコン アイクールを装備。
100V電源の家庭用エアコンではないため、発電された24Vをそのまま使い電源ロスが少なく、振動の多いクルマで使用しても安定した性能を発揮します。

発電した電圧をそのまま使い効率のいいアイクール
発電した電圧をそのまま使い効率のいいアイクール

2層構造の断熱ボディー

FRP製のボディーは内部に空気が通る構造のエアサイクルを採用。夏場、直射日光で熱くなった空気を排熱し断熱材を使ったもの以上の効果を発揮します。

熱い空気を排熱するエアサイクル
熱い空気を排熱するエアサイクル

ディーゼルエンジンは排ガス浄化システムにより床下が高温になります。この熱を効果的に排熱するためにフロントスカートから空気を取り込み排熱していきます。

床下の熱は走行中に排熱
床下の熱は走行中に排熱

余裕の積載量

Be-cam(ビーカム)の車両総重量は4,500kgと積載量に余裕があるため、重いサブバッテリーを4個積んで、体重60kgの大人6人が乗っても積載量をオーバーすることなく安定した走行を約束しています。

SINOBIに見るワンオフの思想

SINOBIは2tワイドをベースにしたNTBのフラッグシップモデル。
NTBはお客様からの要望には基本的には「出来ません」とは言わない姿勢で臨んでいます。
この姿勢はNTBを創設した江田会長の25年以上のキャンピングカーライフがあるから。
実体験から出した要望をビルダーに伝えても断られることも多く、その経験から出来ませんとは言わず、社内で検討していく姿勢を重視しています。

SINOBIの1号車はその会長の思いが詰まっています。

一番手前がSINOBI
一番手前がSINOBI
純和風の車内。障子を閉めることのほか落ち着けます。
純和風の車内。障子を閉めるとことのほか落ち着けます。
キャンピングカーでは考えられないバンクベッド
キャンピングカーでは考えられないバンクベッド
車内にくつろぎの掘りごたつが出現
車内にくつろぎの掘りごたつが出現
長時間使用しても優しい暖房のオンドル
長時間使用しても優しい暖房のオンドル
サブバッテリーは8個。4〜5日間電源補給なくても過ごせます。
サブバッテリーは8個。4〜5日間電源補給なくても過ごせます。

いすゞの営業マンが立ち会う納車

日本特種ボディーの納車にはいすゞ自動車の営業マンが立ち会います。
納車後、車体についてはいすゞ自動車が責任を持って面倒を見るという体制が整っています。
新車は5年、10万km補償に加え、1年に1回ディーラー点検又は車検を受けると8年、16万kmのメーカー保証が受けられるのも働くクルマがベースになっているゆえです。

ユーザーの声

3組のSAKURAユーザーにお話しを伺いました。
2組の方はキャンピングカーはSAKURAがはじめて。安全性や乗り心地などベース車両のポテンシャルの高さが決めてになったとのこと。
もう一組の方は家族6人で乗ることもあり、コンパクトキャブコンからの乗り換え。成人した子供たちもいるので人や荷物を満載しても安心して走れるクルマとしてSAKURAを選びました。

ほめられることの多いSAKURAですが、欠点をお聞きすると雪が降ったときに平面のルーフに雪が溜まって落ちないこと。
スキー場で雪に降られると雪下ろしには苦労するそうです。
また夏場、エアコンが24V仕様のため、サブバッテリーの電気が無くなったときには100Vの外部電源があっても直接動かせず、一旦サブバッテリーを充電させる必要があることです。

仲がいいSAKURAのユーザーさんたち
仲がいいSAKURAのユーザーさんたち

アットホームな会社の雰囲気と1台ずつワンオフで作り上げているシステムは自然とユーザーとの距離が縮まっています。
「出来ません」とは言わない姿勢はキャンピングカーを購入した後もいろいろな相談にのってくれそうな安心感があり、クルマの優秀さだけではないNTBファンがいることを感じます。

日本特種ボディー SAKURA 仕様
ベース車
いすゞBe-cam(ビーカム) 2WD・4WD
サイズ
全長:5,150 × 全幅:1,940 × 全高:2,970(mm)
エンジン
2.999Lクリーンディーゼル 110ps
オルタネーター
24V90A 2160W
レイアウト、家具色、シート生地、床クッションフロアなどはオリジナルオーダーシステム

NEWS
,


レンタルキャンピングカーネット