VANTECH × EcoFlowのコラボでキャンピングカーに最適なリチウムイオンバッテリーシステム「ILiS」を開発

NEWS
, , , ,

VANTECH × EcoFlowのコラボでキャンピングカーに最適なリチウムイオンバッテリーシステム「Iris」を開発

キャンピングカーとリチウムイオンバッテリーの関係が注目されています。家庭用エアコンを搭載したり、電子レンジを利用する人も増え、より強力な電源システムを求める声が大きくなってきたから、といえるのではないでしょうか。

これまでにも、リチウムイオンバッテリーはいろいろなタイプがありました。システムでキャンピングカーに組み込んだり、ポータブル電源を代用するオーナーもいます。

キャンピングカービルダーも、どのようにリチウムイオンバッテリーを搭載するか、各社でいろいろな工夫が施されてきました。

そのなかで、今回、注目したのはVANTECHILiS(イリス)というシステムです。ポータブル電源でも有名なEcoFlow社とタッグを組んで、新しいシステムを作ったのです。

上質なキャブコンをさらに快適にする電源システム

VANTECHのZiL

VANTECHの新システムILiSは、Intelligent Li-ion battery Systemを表しています。EcoFlow社のモジュール型電源システムをベースに、キャンピングカーでの利用方法などを反映させて、システムを構築しました。

このシステムを搭載できるモデルは、VANTECHのZiLシリーズCORDEシリーズの2つです。既存の電源システムもありますが、新車購入時にILiSモデルをセレクトできるようになっています。

ZiLの内装

今回の撮影車両はZiL。リアエントランスで開放的なリビングルームが特徴のモデルです。特別な電源システムがインストールされていますが、インテリアはこれまでのと変わらず、上質な雰囲気が漂っています。

家庭用エアコン

家庭用エアコンを搭載したオーナーであれば、電源を強化したくなるのでは。エアコンの場合、消費電力も大きく、高出力、大容量に対応できるリチウムイオンバッテリーが効果を発揮するのです。

キャンピングカー電源システムをモニターでチェック

ILiS専用モニター

ILiSが搭載されたキャンピングカーには、上のような専用モニターが搭載されます。モニター横にも「ILiS」の文字が記されていました。モニターには残量「96%」が表示されています。

このモニターでは、バッテリーの状態、入出力状況を確認可能。タッチパネル式なので、各スイッチのオンオフも、このモニターで完結できるのです。

ILiSバッテリー本体

バッテリー本体はシートの下に収納されています。撮影車両には2kWhのバッテリーが2つ搭載されていました。

バッテリーはリチウムイオンバッテリーを採用していて、そのなかでもリン酸鉄というタイプを採用しています。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの特徴は、サイクル回数が多く、放電が少ないこと。さらに、密度を低くすることで、高密度のバッテリーよりも、発火などのリスクが低いことが特徴です。

密度が低いことで、バッテリー自体のサイズが大きくなってしまいますが、これまでの鉛バッテリーと比べたら、十分に小さくなっています。

撮影車両のILiSに搭載されていたバッテリーも、容量に比べたら小さく感じるかもしれません。

唯一の欠点は、その新しさもあって、製造コストが高い点。でも、キャンピングカーと一緒に導入すれば、それほど価格を意識することがないかもしれません。

最大容量は4kWh。バッテリー本体にバッテリーマネジメントシステムが組み込まれていて、温度、電圧、電流を監視しているそうです。

また、リチウムイオンバッテリー本体にヒーターが搭載されており、-20℃の環境でもバッテリーが使えるようにウォームアップする機能があるため、寒い場所でも安心して使えます

ILiSスマート分電盤

バッテリーの横にあるのがスマート分電盤と呼ばれるものです。システム全体へ電気を送るための装置で、キャンピングカー全体の電気系統をカバーしています。

その下にシステムのメインとなるパワーハブが搭載されています。バッテリーの上部中央部分に見えていた専用ケーブルなどを接続したり、キャンピングカー内部の入出力ケーブルが集まっています。

パワーハブにはインバーター、バッテリー充電器、ソーラー充電器、ACコンセント、BlueToothモジュールなどが搭載されています。

ACの最大出力が3000Wもあるのに、このようにコンパクトに収まっていて、ケーブルもシンプルです。

太陽光発電の入力も739Wまで対応しているので、ソーラーパネルをたくさん搭載したキャンピングカーでも問題ありません。

キャンピングカーの電源システムをスマホアプリで管理

スマホで電源システムを管理

スマホにアプリをインストールすれば、スマホで電源システムを管理できます。例えば、クルマの近くであれば、外からメインスイッチをオンにすることもできます。

また、電気の容量を確認するのにも便利。アウトドアリビングでくつろぎながら、ソーラーパネルの発電量をチェックすることもできます。

運転席に座ってから、メインスイッチをオフにすることも簡単です。

スマホアプリ画面1

スマホアプリはダウンロードしてアカウントを作成すれば無料で利用可能。起動すると近くの機器を探して、アプリへ自動的に登録されます。

EcoFlowの公式アプリなので、他に同社のポータブル電源を持っていれば、一緒に登録できます。バッテリーを一元管理するのも便利なのではないでしょうか。

上中央の画面はシステム全体の状態を表しています。電源が充電されていたり、利用されていると、アニメーションで電気の流れ方が表示されます。

上右の画面はバッテリーの状態を表示。このモデルでは2kWhのバッテリーを2つ搭載しているので、それぞれの状態が確認できます。残量のパーセンテージ以外にもバッテリー温度も表示されているのが分かります。

スマホアプリ画面2

アプリでは、さらに細かくシステムを管理できます。入力、出力、各システムの状態が一目で分かる画面では、各システムのオンオフも可能です。室内灯のオンオフであったり、USB出力端子のオンオフまで管理できるのです。

また、充電電流を調整することで、入力を制限したり、充電電流を抑えてノイズを軽減することも。充電電流はファンのノイズが小さくなるので、夜間、就寝時に少し電流を抑える、という使い方もできます。

VANTECHがキャンピングカー用にシステムの仕様をオーダーして進化する

モジュール型電源システム

ILiSはEcoFlowのモジュール型電源システムを使っていますが、VANTECHのノウハウが活かされているといいます。

これまで、キャンピングカーを数多く販売してきて、オーナーの電気の使い方などを理解しているのがVANTECHの強みです。そのノウハウから、システムをよりキャンピングカーユーザーの使い方に合わせてセッティングしているのです。

VANTECH側から、管理システムにある項目を追加するなどの改善をEcoFlow社に送り、アプリケーションをバージョンアップさせ、ILiSシステムへいち早く反映し、キャンピングカーならではのシステムを完成させました。

ILiSシステムを搭載したZil

今後も常に、システムの改善を行っていくそうです。VANTECHのバッテリーへのこだわりによって、システムが常に進化している、といっていいでしょう。

すでに多くのオーナーがこのILiSシステムを選んでいて、新車購入時の約半数がこの快適な電源システムをオーダーしているそうです。

既存の電源システムとはケーブル配線、システム構成などすべてが異なるので、もし、ILiSが気になるのであれば、早めの決断が必要かもしれません。その進化するシステムに期待してILiSを選ぶというのもいいでしょう。

WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS
, , , ,

バンテック「Comfort with Safety.快適で安全。」
バンテック「Comfort with Safety.快適で安全。」
レンタルキャンピングカーネット