冬こそキャンピングカーデビューしよう!

キャンピングカー活用法
, ,

冬こそキャンピングカーデビューしよう!

一般的に、冬は観光やキャンプのオフシーズンだが、キャンピングカーにとっては冬こそがオンシーズン!スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しんだり、混雑とは無縁のキャンプ場でゆったりと過ごしたり、人気観光地で絶景を独り占めしたり……。キャンピングカーがあれば、冬の楽しみ方は大きく広がる。

寒さとは無縁のFFヒーター

キャンピングカーのFFヒーター

キャンピングカーの冬遊びを快適にしてくれるのが、エンジンを停止した状態で使える燃焼式のFFヒーター。燃焼に必要な吸気と排気を車外で行うため、車内の空気をクリーンな状態に保ちながら暖めることができる。FFヒーターの燃料は、車両の燃料タンクから供給される仕組み。アイドリングとは比較にならないほどの低燃費で、燃料消費を気にせず長時間使えるのもポイントだ。

FFヒーターの吹き出し口

キャンピングカーの高い断熱性能とFFヒーターの暖房性能とが相まって、外は氷点下の真冬でもFFヒーターのスイッチさえ入れておけば、車内はTシャツで過ごせるほどポカポカになる。

ウインタースポーツのベース基地

スキー場のキャンピングカー

冬シーズンのキャンピングカー活用法として、もっともポピュラーなのが、スキーやスノーボードのベース基地としての利用だ。スキー場の駐車場にキャンピングカーを止めれば、そこが遊びのベース基地に早変わりする。

朝のリフト運転開始直後からゲレンデに飛び出して、思う存分パウダースノーを堪能。昼時にはキャンピングカーに戻り、FFヒーターで暖まった車内でお湯を沸かしてカップラーメンでランチ。その後も夕方までスキー&スノーボードを満喫して、近隣の日帰り温泉で遊び疲れた体を癒した後、再びスキー場の駐車場に戻って車内で夕飯。テレビを見ながらノンビリと夜の時間を過ごし、FFヒーターでポカポカに暖まった車内で快適に就寝する。

冬のキャンピングカー

車内で着替えや食事、就寝ができるキャンピングカーは、最高のベース基地。FFヒーターを稼働することで濡れたウエアやグローブを素早く乾燥させられるなど、メリットはほかにもたくさんある。キャンピングカーを活用して、思いっきりウインタースポーツを楽しもう!

冬だからこそキャンプを楽しもう!

キャンピングカーで冬のキャンプ

冬シーズンのキャンピングカーの活用法として、もうひとつお勧めなのがキャンプ。一般的に、寒い冬はキャンプのオフシーズンと思われがちだが、それはキャンピングカーには当てはまらない。逆にキャンピングカーにとっては、人の少ない冬こそがキャンプのオンシーズンだ。

暖かいキャンピングカーの車内

FFヒーターでポカポカに暖まったキャンピングカーの車内は、快適なコテージのようなもの。照明や冷蔵庫、キッチン、トイレなどの設備があり、食事や休憩に使えるダイネットスペースやゆったり就寝できるベッドもある。外は氷点下でも、車内は快適な“家”と同じ。冬キャンプと言っても構えることなく、設備の整ったコテージに泊まるのと同じような感覚で快適に生活できる。

冬キャンプならではのメリット

海辺のキャンプ場

冬にキャンプをする最大のメリットは、キャンプ場が空いていることだ。空前のキャンプブームで、オンシーズン・ハイシーズンのキャンプ場は予約を取るのも一苦労だが、冬のキャンプならそんな喧騒とはまったくの無縁。人の少ないキャンプ場で、静かな時間を過ごしながらキャンプ本来の楽しみを味わえる。

キャンプ場の焚火

キャンプ場が空いていること以外にも、冬にキャンプをするメリットは多い。具体的には、虫がいないこと、焚き火が楽しいこと、鍋料理やしゃぶしゃぶ、すき焼きなどの温かい料理が、より美味しく感じられること。

冬の鍋料理

キャンプサイトにキャンピングカーを止めて快適に過ごせる空間を確保し、人も虫もいない静かなフィールドで温かい料理に舌鼓。夜は焚き火を囲んでゆったりとした時間を過ごし、寒くなったらFFヒーターで暖まったキャンピングカーの車内で過ごす。キャンピングカーがあれば、誰でも手軽に冬キャンプの醍醐味を味わえる。

キャンプ場の富士山

美しい景色や星空を眺められるのも、空気が澄み切った冬ならではのメリットだ。

冬こそレンタルキャンピングカーデビューしよう!

レンタルキャンピングカーと阿蘇山

キャンピングカーを所有していない人は、あえて冬シーズンにレンタルキャンピングカーを利用してみるのもお勧めだ

コロナ禍で「プライベート空間を確保しながら蜜を避けて旅行ができる」キャンピングカーの魅力が再認識され、レンタルキャンピングカーの需要も高まっている。ハイシーズンは予約を取るのも困難なほどの人気ぶりだが、冬シーズンなら比較的レンタルの予約も取りやすく、レンタル会社によってはお得な冬料金を設定しているケースも多い。

冬シーズンにキャンピングカーのタイヤをスタッドレスに履き替えるレンタル会社も増えているので、目的地までの移動も安心。雪道を走る予定のある人は、事前にお店でスタッドレスタイヤの用意があるかを確認して、できれば4WD車を選ぶのがベターだ。

貸し切り状態のキャンプ場でゆったりと過ごしたり、人気観光地で絶景を独り占めしたり、ウインタースポーツを楽しんだりと、冬ならではの魅力や楽しみ方はたくさんある。「ウィズコロナ時代」の今だからこそ、蜜を避けて「冬のキャンピングカーライフ」を楽しもう!

全国のキャンピングカーをレンタルしているショップをご紹介しています。
レンタルキャンピングカーネット
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー活用法
, ,

レンタルキャンピングカーネット「冬こそあったかいキャンピングカーレンタルではじめよう」
レンタルキャンピングカーネット「冬こそあったかいキャンピングカーレンタルではじめよう」

レンタルキャンピングカーネット