冬はキャンピングカーで旅に出る!

キャンピングカー活用法
, ,

冬はキャンピングカーで旅に出る!

朝晩の気温が下がり、一気に寒さを感じる季節となりました。コートなどが手放せなくなると、室内にこもりがちになってしまいますね。週末の観光地も、あれほどにぎわっていたのに、人影がまばらです。特にアウトドアフィールドでは、その傾向が強いようです。

でも、旅のベテランさんたちは、これからのシーズンが本番。冬であってもアクティブに活動しています。なかには、冬こそ旅のベストシーズンという人もいるほど。キャンピングカーオーナーであれば、なおさら、冬を楽しんでいる人が多いですよね。

寒い冬であっても、なぜ、そこまでアクティブになれるのか? それは、キャンピングカーが冬に適した作りになっているという機能性、冬の環境が快適さを向上させているという環境など、このあたりが理由になっているようです。

冬こそキャンピングカーで旅行しよう

冬の景色

冬のイメージといえば「寒さ」が最初に出てくるかもしれません。寒い場所では何もしたくなくなるのも当然。でも、寒さを克服すれば、冬はアクティビティや旅行に適したシーズン。雪を見ながらの温泉など、夏では体験できないことがたくさんあります。

そこで注目されるのがキャンピングカーですが、2018年の冬に日本RV協会が行ったアンケートでは、85%のユーザーがキャンピングカーで冬の旅行に行くと答えています。キャンピングカーが冬でも活躍しているのがよく分かります。

キャンピングカーで冬の北海道へ行く強者も

冬の北海道

なかには、キャンピングカーで冬の北海道に行く人もいます。雪景色を眺めながら走り続け、流氷見学など、冬ならではの観光をしているようです。春の北海道もいいですが、冬の北海道を自由に旅行できるのもいいですよね。北海道がさらに大きく感じるのでは。

また、春や夏に比べると、観光客も少なく、静かに過ごせるのもポイント。食べ物も、旬の味を楽しめるのでおすすめです。特に、あたたかくて美味しい食べ物が多いので、寒い時期に北海道へ行って、地元ならではの料理を食べてみるのもいいかもしれません。

キャンピングカーだから冬対策もばっちり

冬のキャンピングカー

北海道の気温は氷点下になることが多いけど大丈夫? と思う人も多いはずです。でも、しっかりと寒さ対策されたキャンピングカーであれば、問題ありません。キャンピングカーの多くは、断熱処理と効果的な暖房設備が用意されています。

FFヒーターと呼ばれるクルマ用の暖房器具を取り付けているクルマであれば、雪が降っていても、車内での服装はTシャツになれるほどポカポカです。燃費もよく、エンジンをかけることも無いので、朝晩の冷え込む時間帯に、気兼ねなく使えるメリットがあります。

クルマによっては給湯設備もあるので、温かいお湯で食器を洗えたり、場合によっては温水シャワーを浴びることも可能です。たとえ、雪が降る山の中でもですよ。キャンピングカーがあれば、冬も快適に過ごせるのが分かりますよね。

冬はレンタカー料金も狙い目

レンタルキャンピングカー

とはいっても、キャンピングカーで冬の旅行に出かけようとした時、クルマがなかったらダメでしょう、と考えるのは早いですよ。レンタカーキャンピングカーを利用すれば大丈夫です。冬でも使えるキャンピングカーですが、繁忙期ではないので、借りやすくなっています。

全体の予約が少ないので、希望のクルマを予約し易い状況になっています。そして、レンタル料金もお得になっていることが多く、冬の方がコスパがいいかもしれません。ゆっくりとレンタルキャンピングカーを楽しみたいのであれば、冬がおすすめですよ。

冬のレンタカーはスタッドレスで万全装備

冬のタイヤ

冬のレンタカーで心配なのが、雪道の運転ではないでしょうか。雪道を走る地域であれば、キャンピングカーであってもスタッドレスを装着しているクルマが多くなっています。雪の少ない場所からスキー旅行などの遠出をする場合は、事前にスタッフに確認してみましょう。

レンタカー会社によっては、スタッドレス、4WDなど、いろいろなクルマが用意されているので、自分が行こうとしている場所にあわせてクルマを選べます。クルマを借りる時も、特に北海道などであれば、運転のアドバイスなどもありますので安心してください。

北海道のキャンピングレンタカーは海外からの旅行客でおおにぎわい

外国人とキャンピングカー

北海道では海外からの旅行客が増えていますが、冬でも同じで、キャンピングカーをレンタルする海外の方がたくさんいます。レンタカーショップでは、日本人よりもヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランドからの旅行客が目立っているほどです。

みんなスキーやスノーボードを楽しむためにキャンピングカーを使っているようです。そして、雪質の良い山を求めて、キャンピングカーで移動し、北海道と冬を楽しんでいるようです。さすが、キャンピングカー先進国。私たちも同じように楽しまないと。

虫のいないアウトドアを楽しむ

キャンピングカーで楽しむ冬

機能的にすぐれたキャンピングカーで冬の旅行も安心ですが、旅行する上でも冬はいいことが多いんです。たとえば虫がいないのもいいですね。アウトドアでは虫が少なくなっているので、虫が苦手な家族、友人、恋人ともアウトドアを楽しめますよ。

そして、空気が澄んでいるので、景色もきれいです。夕焼けも遠くまで見えて、本当に気持ちいい。夜景も美しく、また、星がとてもきれいに見えます。夏とは比べもにならないくらいよく見えるので、ぜひ、自然のなかで冬の空を見上げてみてください。

冷えたらキャンピングカーの中に入って暖まれば大丈夫です。キャンピングカーユーザーの多くが、冬の車内では家族団らんの時間が多いというアンケート結果もあります。冬だからこそできる、キャンピングカーでの特別な時間を過ごすものいいですね。

WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー活用法
, ,


レンタルキャンピングカーネット