高規格RVパークは、これからのトレンドか?

車中泊地
, , ,

高規格RVパークは、これからのトレンドか?

まだまだ、RV先進国の欧米に比べると、日本のRVパークの数は圧倒的に少ないですが、それでも200箇所を突破し、昨今のキャンピングカー人気もあって、益々、その存在価値が高まっていると言えます。

普及が進み、知名度もアップしてきているRVパーク。最近の傾向として、あくまでも私個人の体感的な感想ですが、高付加価値タイプのRVパークも増えているかと思います。そこで、最近、利用した高付加価値RVパークについて、そして、11月に開催された、そのRVパークを使ったキャンプジャパンの高付加価値イベントについてご紹介したいと思います。

RVパークの認定条件と高付加価値RVパークの定義とは?

以下の条件を満たし、日本RV協会が認定した施設がRVパークとなります。

1)4mx7m程度の駐車スペース

RVパークのスペース

2)1週間程度の滞在が可能

3)24時間利用可能なトイレ

RVパークのトイレ

4)100V電源が使用可能

RVパークの電源

5)入浴施設が施設内または15㎞圏内にある

RVパークに併設した温泉

6)ゴミ処理が可能

RVパークのゴミ処理

7)入退場が緩やかで予約が必須ではないこと

8)RVパークの看板を設置すること(ロゴは協会が作成、設置は施設が行う)

RVパークの看板

*以上、くるま旅サイトから引用

そしてそれが、結果的に施設ごとの差異化にもなっています。例えばトイレの場合、仮設から、和式に洋式、そしてシャワートイレ、それも人を検知すると、自動的に蓋が開いて音楽が流れる高級タイプまであります。その数も、トイレが一つだけで朝の争奪戦になってフン糾となるところから、複数あって、余程、ウンが悪くなければ、ウンに見放される事もないところもあります。

電源にしても、シンプルな電気ドラムによる供給から、電源ボックス、無人チェックインで自動通電の施設まであります。入浴施設に至っては、クルマで数分のところから、徒歩で行けるところどころか、併設という、非常に恵まれているところもあります。

その意味で、高規格RVパークというのは、それらの各条件それぞれで最高レベル、更にはプラスαで高付加価値のある施設とも言えます。

「RVパーク飯田さるくら」について

RVパーク飯田さるくら

今回は、その一例としてRVパーク飯田さるくらを上記の条件に照らしてご紹介いたします。

サイトは全部で9サイト。サイズはS・M・Lあって、一番大きいLでは、なんとキャンピングトレーラーとヘッド車がそのまんま駐車できるサイズになっています。RVパークでも、全部、同じサイズ、しかも標準サイズで、大きな車両や、キャンピングトレーラーには対応していないところもあるので、これは凄い事です。

RVパーク飯田さるくらの空撮
全部で9サイト、上の写真で5番は、ヘッド車+キャンピングトレーラーが入るサイズ

トイレはもちろん24時間。お洒落なカードキーでピピっと施設内のトイレが利用できます。数量も男女別にそれぞれ複数ありますので、朝の需要期にフン糾しません。

RVパーク飯田さるくらのトイレ
中に入ると自動的に蓋が「いらっしゃ~い!」と開いて迎えてくれるトイレ

電源は各サイトにあって、容量も20Aなので、余程の高消費電力の機器を併用しない限りは問題ありません。

RVパーク飯田さるくらの電源ボックス
各サイトにお洒落な電源ボックスがあります

近場に温泉もありますが、飯田さるくらの施設内にも予約制のお風呂と、24時間使用可能なシャワーもあります。これはコイン式ではないので、最初に一人200円を払えば、何回でも入れます。お風呂も魅力的ですが、飯田さるくらは焚き火ができるので、煙臭くなっても、寝る前に使用して綺麗さっぱり眠りにつく事ができます。これは、終了時間があるお風呂ではできない芸当です。

RVパーク飯田さるくらのお風呂とシャワー
予約制のお風呂。循環式で、いつ入っても綺麗なお湯です

ごみも専用の分別式ゴミ箱

RVパーク飯田さるくらのゴミ置き場
この分別ごみ箱は、専用の焼却灰・消し炭捨てまであります

このように基本的な条件でも、それぞれがハイレベルですが、加えて以下の様な高規格な設備もあります。

〇サイトごとに水場があり、それも冷水の他に温水まで出ます。

RVパーク飯田さるくらの水場
冷水はペットボトルに入れれば「美味しい水」になる地下160mから汲み上げた井戸水です

〇なんと、各サイトにダンプステーションがあります。

RVパーク飯田さるくらのダンプステーション
タンクの洗浄ができる蛇口が、通常の水回りとは別に付いています

〇サイトは贅沢な生芝になっています。

RVパーク飯田さるくらの焚火
多くのRVパークが、車外での火の使用を禁じていますが、ここでは焚き火もOKです

WiFiも各サイトにそれぞれ近いアクセスポイントが複数あり、ネット環境も快適です。

東京某所から引き抜かれてきた?シェフが腕をふるう「フレンチジビエレストラン・カフェ BergWind(ベルグウインド)

BergWind(ベルグウインド)の料理
ジビエが推しですが、シーズンには裏山で採れた松茸も!?

「ホテル風の山」高規格の宿泊施設(三部屋)もあります。

RVパーク飯田さるくらの宿泊室
キャンピングカーを持っていないご両親や友人、知人などと一緒に過ごす事もできます

バー Marcassin(マーカッシン)

Marcassin(マーカッシン)のワイン
例え雨で焚き火ができなくても、まったりできる空間があります

この様に、ただ車中泊するだけでなく、滞在時にも満足できる時間が過ごせる「至れり尽くせり」の施設が揃っているので思わずため息が出てしまいます。他のRVパークに比べると比較的高目な利用料金ですが、ここまで高規格ですと、中にはその高めの利用料金を「自慢する?」ファンもいて、語弊のある言い方になりますが、高規格で高目の料金設定で、良質な?お客さんの囲い込みにも成功しているのではないかと思ってしまいます。

高付加価値RVパークで開催された高付加価値イベントとは?

キャンプジャパンの「高規格イベント」

そんな高規格RVパークで開かれたキャンプジャパンの「高規格イベント」とはどのようなものだったのでしょうか?
2021年11月20日21日に実施されたこのイベントですが、定員8台のところ(9サイトの内、イベント企画時に既に1サイト一般からの予約が入っていました)満員・・いや満車御礼!でした。

大人一人25,000円と決して安くない参加費ですが、当初からオーナーさんは、「さすがは飯田さるくら!」と言って頂ける様にと張り切っていました。 まず、クルマ旅の楽しみと言えば、ぐるめですが、今回のイベントでは非日常的な、滅多やたらには体験できないようなメニューが用意されていました。

自慢のピザ窯で、自分でトッピングしてのピザ。これは子供だけでなく、大人も大喜びで参加。

ピザ窯とピザ
最初はオーナーさんに焼いて頂いていましたが、その内に参加者の皆さん自身が焼いていました

周到に用意されたサプライズ!「縦だか横だか分からないブロック牛肉」も登場

ステーキ
そのサイズだけでなくトロけるようなその味も、参加者の舌に十分にサプライズでした

しかし、お昼だけで終わらないのがこの高規格イベントです。
昼食後のおやつには、ピザ窯を使った焼き芋と焼リンゴ。

おやつ
参加者の舌と胃袋にこれでもかっ!と飯田さるくらパンチをお見舞いしました

近くの農園でりんご狩りなどのオプションなども用意されていて、参加者の細かいニーズにも対応していたのは流石でした。

リンゴ狩り
さすがは長野!美味しそうなリンゴを楽しみながら採ります

イベントスポンサーの日本メスカルテキーラ協会さんの「テキーラ飲み放題」サービス!

テキーラ
滅多に呑めない高級酒が呑み放題!ですから、酒呑みにはたまらないイベントになりました

幸いにもお天気にも恵まれ、広々としたテラスで、皆さん、思い思いの時間をすごされていました。

広々としたテラス
夜のテラス
日が入ると急に冷え込みますが、しっかりと、暖炉とヒーターでポカポカ。ほっこりした時間が過ぎていきます

夕食には、ジビエをメインにしたレストランだけあって、常連さんでもなかなか味わえない「ジビエ鍋」が登場! 猪肉に鹿肉、そして箸にするだけでも手が震えるクマ肉などに、地元でとれたキノコや野菜がその彩を添えます。

ジビエ鍋
こんな贅沢な鍋は食べたことがありません。この後、うどんを投入してのジビエうどんも最高でした!

夕食後、辺りは真っ暗ですが、そこで焚き火会の始まりです。

焚き火会
楽しいお喋りで、アッという間に時間が過ぎて、消灯時間の22時に

でも、そこで終わりません。さるくらのバーは24時までやっています。

さるくらのバー
どれをチョイスして良いのか迷って決めるまで5分を超えそうな品揃え。ここは本当にRVパークなのかしらん?という雰囲気も楽しみます

24時を過ぎたら、爆沈する人も、シャワーを浴びる人もいて、その日の夜は更けていきました。

昨日、食べ過ぎた方に配慮したのか?朝食で出てきたのは中華粥!

中華粥
昨日、スモーカーで作った燻製とのマッチングもグッド!でした

イベントスポンサーの諏訪のパン屋さんにあるRVパークこころ屋さんの出張販売もありました。

RVパークこころ屋さんの出張販売
お蔭様で、パンは完売!イベントを盛り上げるのに一役買っていました

どうやら、オーナーさんの「一人25,000円は安い!」と思わせる作戦は成功したようです。満足された参加者の皆さんは、チェックアウトの11時に、お帰りになられましたが、きっとまたリピーターとしてRVパーク飯田さるくらに戻ってくることでしょう・・・・たぶん。

これからのRVパークトレンドとは?その可能性は?

目的や嗜好で選択できるRVパークが増えるとクルマ旅も楽しくなる!

私見ですが、私は高付加価値RVパークだけでも宜しくないと思います。色々なタイプのRVパークがある方が楽しいですし、目的に合わせて利用できる利便性があります。

例えば、あくまでもRVパークは観光などの主な目的の為の“手段”であって、泊まれれば良いと考えると、シンプルでリーズナブルなお値段のRVパークの方が良いと言えます。

その一方で、ホテルかコテージか、はたまたグランピング的に、まったりと滞在する、つまりRVパークを利用する事自体が目的になる場合は、高規格なRVパークの方が快適に過ごせます。

大切な事は、利用する人が、そのライフスタイルや目的によって、選択できる事だと思います。これまで、数が少なく、そのエリアにRVパークがある事だけでも御の字だった時代から、そろそろRVパークも、目的や嗜好で選択できるようになりつつあるのではないでしょうか?

その為には、RVパークは、もっともっと数が増えて普及しないといけません。
そうすれば、日本各地での交流人口や滞留人口がふえ、ますます日本の血の巡りが良くなり、地方、いや、日本全体の活性化につながるのでは?と大いに期待しています。

RVパーク飯田さるくら

所在地
長野県飯田市大休7462-49
TEL
0265-23-3437
ホームページへ
WRITER PROFILE
さいば☆しん
さいば☆しん(彩羽森)

くるま旅作家。キャンピングカーで日本全国くるま旅。主にキャンピングカーで漫画&コラムを創作、キャンピングカー雑誌や関連サイトに連載したり、ショーイベントではトークショーで、キャンピングカー&くるま旅の素晴らしさをお伝えしています。体内に凶暴な腹の虫を飼っている事でも有名。

キャンピングカーライター一覧へ

車中泊地
, , ,

レンタルキャンピングカーネット