ワカサギの揚げ物2種

キャンピングカーと食
,

wakasagi_01

今回は埼玉県熊谷市にある、キャンピングカー販売店ネクストライフ主催の、ワカサギ釣り&キャンプにキャンピングカーで参加した時の模様とレシピをご紹介致します。

山中湖にてドーム船を仕立てての釣りです。このドーム船は、船の上にお座敷が付いている様な形式の船なので、悪天候でも快適に釣りを楽しむ事が出来ます。
トイレも付いていますし、コーヒーやお茶等の温かい飲み物等も用意されているので、釣りが始めての方でも安心して釣りが出来ます。また、ワカサギは初心者でも釣れますが、数を釣ろうと思うとそれなりの技術がいるので、初心者から玄人まで一緒に楽しめる釣りです。
小さなお子様から電動リールを駆使する人、更には魚群探知機まで持参する人まで居てそれぞれのスタイルで皆さん楽しまれていました。

wakasagi_02

当日は魚の活性がいま一つで、大漁!とはいきませんでしたが、皆さんの頑張りもあって、食べるには十分なワカサギが釣れました。

wakasagi_03

それでは、先ほどまで湖で泳いでいた新鮮なワカサギを料理して行きましょう!

ワカサギの揚げ物2種 (ビールからあげ&韓国風南蛮漬け)

wakasagi_04

材料1(ビールからあげ)

  1. ワカサギ お好きなだけ
  2. ビール 1缶
  3. から揚げ粉(水で溶くタイプ) 適量
  4. 揚げ油 適量

材料2(韓国風南蛮漬け)

  1. ワカサギ お好きなだけ
  2. 醤油 大さじ3
  3. みりん 大さじ3
  4. 砂糖 大さじ1.5
  5. ごま油 小さじ2
  6. コチュジャン 小さじ2(お好みで増減しても可)
  7. 揚げ油 適量

1. ワカサギをしっかり洗う

wakasagi_05

言うまでも無いのですが、釣ったワカサギには汚れや、餌のカス等が付いていますのでしっかり洗いましょう。しっかりと洗う事でウロコや生臭さも一緒に取る事が出来ます。

2. 衣のタネと漬けタレを作る。

wakasagi_06

■ビールから揚げ
から揚げ粉とビールを1:1で混ぜます

ポイント!
ビールを入れる時には写真の様に高い位置から注ぎましょう。泡立てることによって、出来上がりがサクッと仕上がります。

■韓国風南蛮漬け
ボールに漬けタレの材料を入れ良く混ぜ合わせておきます。
材料には有りませんが、ゴマや野菜等も入れても美味しいです。

3. 揚げる

wakasagi_07

■ビールから揚げ
キッチンペーパーでしっかり水気を取ったワカサギを衣のタネにくぐらせて、180℃に熱した油で揚げていきます。

■韓国風南蛮漬け
ビニール袋に片栗粉を入れ、しっかりと水気取ったワカサギを入れ、まぶして、180℃の油で揚げます。

ポイント!
一度に沢山入れてしまうとサックリならないので、少量づつ揚げましょう。 また、しっかり水気を取ることによってサックリと揚がり、油はねも防げます。
ビールから揚げはここまでで完成です!熱々をほおばって下さい!!

4. 漬ける

wakasagi_08

片栗粉をまぶしたワカサギが揚がったら漬けタレに投入します。

ポイント!
漬け込む時は熱々のうちにタレに漬け込みましょう!そうする事によって中まで味が染込みます。

5. 完成

wakasagi_09

ワカサギというと、天ぷらが定番ですが、ちょっと変わった揚げ物も最高に美味しいですので試してみて下さい。から揚げはビールを使う事でサックリと、韓国風南蛮漬けはしっかりと味が付いているので魚が苦手なお子様もパクパク食べてくれますし、お酒のアテにも最高です。

まとめ

wakasagi_10

釣ったワカサギで大宴会!皆さん釣りよりも楽しんでいたかも・・・笑 という訳で、今回のワカサギ釣り&キャンプはとっても楽しいイベントでした! ワカサギ釣りに限らず海でも山でも、アクティブに遊ぶ派、まったりと車の中でくつろいでいる派両方が楽しめるのがキャンピングカーの強みです。皆さんも、御家族と、気の置けない仲間と非日常の世界へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

WRITER PROFILE
伊東研一
伊東研一

アウトドア料理研究家。
バイクで日本一週したり、キャンピングカーで旅を満喫する、根っからのアウトドアマン。アウトドアで、美味しい!簡単!な料理を研究する事に日々情熱を注ぐ。趣味は、料理、釣り、キャンプ、ハンドメイドの雑貨作り、多肉植物栽培と多岐に渡る。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカーと食
,


レンタルキャンピングカーネット