マルチに使えるスタイリッシュキャンピングカー「トラボイLB200SL-R」!

キャンピングカー紹介
, , , , ,

マルチに使えるスタイリッシュキャンピングカー「トラボイLB200SL-R」!

埼玉県のティピーアウトドアデザインは、ハイエース専門のキャンピングカービルダー。ハイエースや1BOX車の魅力を知り尽くした同ショップからは、「使い勝手」「ルックス」を両立したハイエースバンコンが豊富にラインナップされている。

今回は、同社のコンプリートカーの中から、人気モデルのトラボイLBD200SL-Rをピックアップ。マルチに使えるスタイリッシュバンコンの魅力に迫る!

普段使いにも対応するルックスとサイズ感

トラボイLBD200SL-Rのサイドビュー

ベース車両には、ハイエースの市販ラインナップ中もっとも大きなボディサイズを誇る、スーパーロング・ハイルーフのキャンパー特装車が使用されている。サイズは5,380×1,880×2,285mmと国産車の中では大きめだが、高いシートポジションと良好な視認性、キャブオーバーならではの取り回しの良さが相まって、運転はさほど難しくない。慣れてしまえば、初心者や女性ユーザーでもストレスなく乗りこなせるはずだ。

見た目ですぐにキャンピングカーと分かるキャブコンなどと違い、スタイルが普通車然としているのもバンコンの利点。市街地でも悪目立ちすることなく、周囲のクルマと違和感なく溶け込むので、ファーストカーとして買い物や子供の送迎などにも活用できる。

POINT1 コクピットにレカロシートを標準採用

トラボイLBD200SL-Rのレカロシート

トラボイLBD200SL-Rの大きな魅力のひとつが、運転席と助手席にレカロシートを標準装備していることだ。搭載されるのは、スタイリッシュなデザインと極上の座り心地を兼ね備えたレザー仕様のLX-F(IL-110H)。レカロシートならではのサポート感と快適な着座姿勢に加え、低く抑えたサイドサポートで優れた乗降性を実現。シートヒーターや調節式エアランバーサポートなど、機能面も充実している。

レカロシートはスポーツ走行のイメージが強いが、キャンピングカーにレカロシートを採用する理由は、快適な座り心地と高いホールド性で、長時間座り続けても疲れにくいこと。

普段乗りからロングドライブまで、クルマとしての快適性を大幅に向上するレカロシートの標準化は、レカロシートの正規代理店であり、レカロシートの利点を知り尽くしたスタッフがそろう、ティピーアウトドアデザイン製バンコンの象徴と言えるだろう。

POINT2 スタイリッシュな内外装デザイン

トラボイLBD200SL-Rのセカンドシート

リアの家具やシートは、ホワイトレザーを基調としたレカロシートLX-Fに合わせてコーディネートされている。ホワイトやグレーのモノトーンをメインにしたカラーコーディネートにより、コクピットと統一感のある、モダンでエレガントな空間を作り上げた。

セカンド&サードシートは、機能性だけでなく「カッコよさ」にもこだわり続けてきたティピーアウトデザインらしい、スタイリッシュなツートンフィニッシュ。創業当時から変わらない、同社コンプリートカーの代名詞的なスタイルだ。

外装のカスタム トラボイLBD200SL-Rの外装

「キャンピングカーでもカッコよく乗りたい」というニーズに対応するため、オリジナルの外装ドレスアップパーツも多数用意されている。

フロントリップスポイラーやアルミホイールを組み合わせることで、「キャンピングカーとしての利便性」「クルマとしてのカッコよさ」をプラス。ファーストカーとして、さらにスマートに乗り回せる1台にグレードアップできる。

POINT3 使い勝手抜群の内装レイアウト

トラボイLBD200SL-Rの内装

インテリアは、メインスペースにセカンド&サードシート、左サイドにキッチン、後部に常設ベッドを配した、使い勝手抜群のレイアウトを採用している。

セカンドシートには1500mm幅の3人掛けFASPシート、サードシートには900mm幅の2人掛けFASPシートを装着。シートを前向きにすれば7名が快適に座れるミニバン的な使い方ができ、シートを対面にすればテーブルをはさんでくつろげる快適な生活空間に早変わり。就寝人数に合わせてアレンジできるベッドスペースやコンパクトなキッチン、大容量カーゴスペースなど、様々なライフスタイルにマッチする空間づくりが秀逸だ。

外部AC充電と走行充電に対応したサブバッテリーシステムが標準装備されているため、エンジン停止時でも車内で照明や冷蔵庫などの電装品が使用可能。外部ACソケットを家庭用コンセントにつなげば、車内のコンセントで100V家電も使用できる。

さらに、ティピーアウトドアデザインで購入したオリジナルコンプリートカーの大きな魅力となっているのが、消耗品を除く内装架装品が「永久保証」であること! キャンピングカーの扱いに不慣れな初心者でも、安心してキャンピングカーライフを楽しめる。

トラボイLBD200SL-Rのリアベッド

リアの常設ベッドは、長さ1700mm×幅1300mmのサイズを確保している。オプションパーツのワイドウィンドウで右後部のサイド窓部分を拡張すれば、さらにベッド長を広げることも可能だ。

トラボイLBD200SL-Rのフロントベッド

セカンド&サードシートをフラットにしてリアの下段ベッドとドッキングすれば、長さ3300mmの広々としたベッドスペースが完成。リアの上段ベッドと組み合わせることで、ファミリーでもゆったりと就寝できる。

トラボイLBD200SL-Rのリア

リアエンドのベッドは、上段と下段の2段構え。下段マットを外せば大容量のカーゴスペースになり、キャンプ道具やアウトドアギア、長期旅の荷物などもラクに収納できる。

トラボイLBD200SL-Rの荷室

カーゴに荷物を満載した状態でも、上段ベッドを使用できるのがポイントだ。

トラボイLBD200SL-Rのキッチン

インテリアの左サイドには、居住空間を犠牲にしないコンパクトなキッチンスペースがレイアウトされている。洗顔や歯磨きに便利な小型シンクと、十分な容量を確保した上開き式の40L冷蔵庫が標準装備され、アウトドアレジャーやクルマ旅で利便性を発揮する。

トラボイLBD200SL-Rの給排水

給水・排水の作業がラクにできるように、水タンクはスライドドアを開けて外からアクセスしやすい場所に配置されている。ハイエースやバンコンの使い方を熟知したティピーアウトドアデザインらしい、ユーザーファーストの設計が光る。

トラボイLBD200SL-Rのサイドシェルフ

インテリアの左右上部にサイドシェルフを装備することで、さらなる収納スペースを確保。生活小物などの整理に重宝する、快適なクルマ旅に欠かせない装備のひとつだ。

トラボイLBD200SL-Rのセカンドボード

移動中に後席乗員が快適に過ごせるよう、セカンドシートの足元にはドリンクホルダーや小物入れを備えたセカンドボードが標準装備されている。

様々なライフスタイルにマッチするバンコン!

ティピーアウトドアデザインのトラボイLBD200SL-R

トラボイLBD200SL-Rの魅力

  • レカロシート標準装備
  • スタイリッシュな内装デザイン
  • 前向き7名乗車が可能
  • 広大なベッドスペース
  • 大容量のリアカーゴ
  • 安心の永久保証

バンコンならではの機動性、キャンピングカーとしての利便性に、「カッコよさ」「スマートさ」「ユーザー目線の使い勝手」「永久保証の安心感」までプラスした、ティピーアウトドアデザインのトラボイLBD200SL-R

普段はファーストカーとして通勤や買い物に使用し、休日はキャンプやアウトドアレジャー、クルマ旅、趣味などを思いっきり楽しむ。「キャンピングカーをあらゆる用途でフル活用したい」というユーザーにピッタリの、マルチパーパスな1台だ。

トラボイLBD200SL-R諸元

ベース車両
トヨタハイエース キャンパー特装車
エンジン
ガソリン2.7L
寸法(mm)
全長5,380mm/全幅1,880mm/全高2,285mm
定員
乗車定員7名/就寝定員4名
価格
¥5,330,000(税別)~
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, , , , ,

NEWカスタムコンセプトカー「Rデザイン」
NEWカスタムコンセプトカー「Rデザイン」

レンタルキャンピングカーネット