老舗ビルダーが作ったミリタリー風バンコン「ホビクル・オーバーランダー」!

キャンピングカー紹介
, , ,

老舗ビルダーが作ったミリタリー風バンコン「ホビクル・オーバーランダー」!

ジャパンキャンピングカーショー2020で鮮烈なデビューを果たし、エポックメイキングなビジュアルでギャラリーの注目を集めたこのクルマ。しかも、製作したのが名門バンコンビルダーのレクビィだというから、2度驚きだ。

ミリタリーキャンプをテーマにしたホビクル・オーバーランダーは、単にビジュアルだけの“映え”狙いではない。長年のバンコン製作で培った実用性と、若いユーザーでも「カッコいい」と思えるビジュアルの融合で、「スタイリッシュにキャンピングカーライフを楽しみたい」という昨今のニーズに応える。これも、老舗ビルダーレクビィが長年追求してきた「バンコンの可能性」のひとつのカタチだ。

ハイルーフ・スーパーロングの巨大なボディに、同社のセンスと技術力、こだわりを存分に詰め込み、既存イメージに固執しない新たなバンコンのスタイルを生み出したこのクルマ。本物を知るビルダーが“本気”で作ったミリタリー風バンコンホビクル・オーバーランダーは、ハヤリのビジュアル系とは一線を画す唯一無二の1台だ。

ミリタリーキャンプをテーマにしたワイルドな外観デザイン

ホビクル・オーバーランダーの後方

ベースになっているのは、レクビィのバンコンの中でもとくにシンプルかつコストパフォーマンスに優れたモデルをラインナップする、RBL(レクビィ・ブルー・ライン)の人気モデルホビクルだ。

同車両の機能性を踏襲しつつ、ベースをハイエース・スーパーロングにサイズアップ。内外装に「ミリタリーテイスト」と「オーバーランドスタイル」を取り入れることで、クールなスタイリングとキャンピングカーとしての実用性をパーフェクトに両立した。

ホビクル・オーバーランダーの外装

もっとも特徴的なのは、ワイルドなエクステリアデザインだ。一般的に、キャンピングカーやバンコンと聞くとホワイトを基調とした画一的な意匠が思い浮かぶが、「ホビクル・オーバーランダー」には、バンコンの既存イメージにとらわれない自由なアイデアが詰め込まれている。

純正シルバーで彩られたスーパーロングのボディをキャンバス代わりに、デジタル迷彩柄のグラフィックで全身をコーディネート。施工は、NASCARやスーパーGTなどでレース車両のラッピングを手がける「スピードグラフィックス」によるものだ。

ホビクル・オーバーランダーのフェイス

あえて要所にブラックを残したボディには、4WDパーツブランドJAOS製のスキッドバーやオーバーフェンダー、17インチアルミホイールなどのオプションパーツを装着し、現代的なミリタリーテイストとワイルドイメージを劇的にグレードアップ。

どんなフィールドにも違和感なく溶け込み、さりげなく存在感と個性を演出できる。ワイルドなソロキャンプから快適なファミリーキャンプ、日常使いまで、さまざまな用途でスタイリッシュに乗りこなせる1台に仕上がった。

ルックスと実用性を両立したワイルド系インテリア

ホビクル・オーバーランダーのインテリア

エクステリアのミリタリー風デザインは、インテリアにもしっかり踏襲されている。セカンドシートには幅1500mmのREVOシートを装着し、アーミーグリーンとブラックの専用カラーでコーディネート。フィールドでラフに使える実用性を考慮して、撥水加工の生地からオリジナル開発したというこだわりのフィニッシュだ。

ホビクル・オーバーランダーのリアベッド

リアベッドは、長さ1820mm×幅1630mmのビッグサイズで3名までの就寝に対応。左右には、上段・中段・下段に分かれたベッド用のレールが完備されており、シチュエーションに応じてベッドの高さをアレンジできるのもポイントだ。

2列目のREVOシートをフラットに展開して、リアのベッドマットと高さをそろえれば、長さ3020mm×幅1630mm(フロント1500mm)の長大なベッドスペースを作ることも可能。ファミリーユーザーにも十分対応する、ゆとりの就寝スペースが確保されている。

ホビクル・オーバーランダーのカーゴ

最大2450mm×1200mmの広大なカーゴスペースも、このクルマの大きなウリだ。大型キャンプギアはもちろん、自転車やバイク、折り畳みカヤック、スキー&スノーボードなどの長尺物まで、ライフスタイルに合わせてさまざまな荷物を積載可能。アウトドアレジャーやホビー、カートラベルなど、さまざまな楽しみをサポートしてくれる。

ホビクル・オーバーランダーのクッションフロア

床面には、縞鋼板風のクッションフロアを採用。ラフな使い方や濡れ物・汚れ物の積載にも十分耐える、アウトドアユースにピッタリのタフな仕様とした。

フィールドで活躍する実用重視のギミック

ホビクル・オーバーランダーのキッチン

インテリアでもっとも特徴的な装備が、リアエンド左手に装備されたキッチンキャビネットだ。このキッチンは、ネジ2本でユニットごと取り外せる脱着式となっており、車内での使用以外にアウトドアでも活用できるように工夫されている。

ホビクル・オーバーランダーの外キッチン

キッチンキャビネットを給排水タンクごと車外に持ち出して付属のテーブルをセットし、周囲にチェアを並べれば、アッという間にオシャレなアウトドアキッチンに早変わり!

シンクが使えることでアウトドアでの炊事がラクになるほか、シャワーヘッドでペットの足や汚れたアウトドアギアを洗えるのも便利だ。

ホビクル・オーバーランダーのコックピット上部

コクピット上部のデッドスペースを活かしてアッパーシェルフを搭載しているのも、ユーザーの使い勝手にこだわる老舗バンコンビルダーらしい配慮。シュラフや枕、生活小物などをスッキリと収納できるのがうれしい。

ホビクル・オーバーランダーのオーバーヘッドシェルフ

天井には、武骨なブラックアイアンのシーリングバーのほか、オーバーヘッドシェルフも完備。十分な収納スペースの確保で、快適なアウトドアレジャーをサポートする。

ホビクル・オーバーランダーのワンタッチレール

サイドには、アルミ製のワンタッチレールが装着され、大型荷物や自転車・バイクの固定など、さまざまなシチュエーションで活躍する。

ホビクル・オーバーランダー諸元

ベース車
トヨタハイエース キャンピングカー用モデル
エンジン
ガソリン2.7L
寸法(mm)
全長5,380mm/全幅1,880mm/全高2,285mm
定員
乗車定員5名/就寝定員6名(大人3名、子供3名)
オプションにより乗車定員9名/就寝定員9名(大人6名、子供3名)
価格
¥4,500,000(税別)~
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, , ,

レクビィ「豊富な車両 バンコン専門のレクビィ」

レンタルキャンピングカーネット