“自然と一体になれる”ナチュラル派キャンピングカーRIW200

キャンピングカー紹介
, , , , , ,

“自然と一体になれる”ナチュラル派キャンピングカー「RIW200」

オリジナルのバンコンやキャブコンを数多く取りそろえる、徳島の老舗キャンピングカービルダーアネックス。同社のラインナップの中でも、他車とは一線を画すオーラを放っているのがRIW(リュウ)シリーズだ。

「フィールドとの一体感」をコンセプトにした同シリーズは、シンプルな装備、ラフに使える内装レイアウト、アウトドアで役立つギミックを、コンパクトなボディに凝縮しているのがポイント。既存モデルとは一味違うオシャレなデザインも大きな魅力となっており、「もっと気軽に、もっとオシャレに、アウトドアを楽しみたい」というアクティブなユーザーを中心に、幅広い層から人気を集めている。

「ラフに履いて、どこにでも歩いていける」スニーカーのようなキャンピングカー、RIW200。マイナーチェンジでさらに魅力を増した、同車の最新モデルを紹介する。

4WDの新設定でアウトドアがより身近に

RIW200 4WDの外装

RIW200の最新モデルは、NV200バネットバンの4WDをベース車両に新設定したのが最大のポイントだ。

今までFFの駆動方式しか選べなかった同モデルに走破性の高い4WDが加わったことで、季節やフィールドを問わず、よりアクティブに走り回ることができるようになり、「自然と一体になる」というRIWシリーズのコンセプトがさらに強調された。

RIW200 4WDの正面サイド

RIW200のボディは、自然の中から都市部まで気軽にドライブを楽しめる、全長4400mm×全幅1695mmのコンパクトサイズ。エレベーティングルーフを採用することで、抜群の居住性を実現しつつも高さを2020mmに抑えており、全高制限付きの自走式立体駐車場にも問題なく入庫できる。

ファーストカーとして、普段は通勤や買い物、子供の送迎などに活用し、休日は家族とフィールドに飛び出す。そんなマルチな使い方ができるのが、RIW200の大きな魅力だ。

ラフに使えるアウトドアギアのようなインテリア

RIW200 4WDのインテリア

インテリアは、ラフに使える実用性と、既存のキャンピングカーとは一線を画すオシャレなデザインを両立したフィニッシュとなっている。

リアシートには、幅900mmのREVOシートを搭載。移動時は前向きに乗車でき、フロントシートを回転させれば4人でテーブルを囲めるダイネットスペースになる。床面は土足で上がれる縞鋼板風のクッションフロア仕上げとし、テーブルやキッチンカウンターには使い込んだ風合いのウッド素材をセレクト。使い勝手の良さはもちろんのこと、アウトドアの風景に違和感なく溶け込む、ナチュラルなデザインにもこだわった。

RIW200 4WDのベッド展開

リアシートを展開してベッドマットを組み合わせれば、大人2名がゆったりと就寝できるフラットなベッドスペースに早変わり。

RIW200 4WDのエレベーティングルーフ

エレベーティングルーフのベッドで、子供2名分の就寝スペースを確保。夫婦+子供2人のファミリーユーザーにも対応する。

RIW200 4WDの車内

フロアには、長さ1550mmのロングスライドレールを装備。リアシートを前方に移動すれば、キャンプギア、バイク、自転車、サーフボードなど、大きな荷物も余裕で積み込める広大なカーゴスペースになる。リアシートを最後尾に移動すれば、スライドドアから出し入れしやすいセンター部に荷物を積載することも可能。多彩なレイアウトと抜群の積載力で、アウトドアフリークの快適なライフスタイルをサポートする。

オシャレな内装デザインが最大の魅力

RIW200 4WDの内装

シンプルかつセンス抜群のインテリアが、既存のキャンピングカーと大きく一線を画すRIW200ならではのアイデンティティだ。

室内の右手に設置されたサイドカウンターは、アルミフレームと使い込まれた風合いのウッド天板、シルバー塗装を施したパネルで構成されている。

RIW200 4WDのキッチンスペース

カウンターのフロント側には、キッチンスペースを配置。タモ集成材の天板に一体型のコンロ&シンクがスッキリとインストールされており、車内で簡単な調理も行える。

RIW200 4WDの冷蔵庫

キッチン後方の天板は跳ね上げ式になっていて、中には容量15リットルの上蓋式冷蔵庫がセットされている。真夏のフィールドでキンキンに冷えた飲み物を味わえる、アウトドアビークルには欠かせない装備だ。

RIW200 4WDのリア有孔ボード

内装デザインの大きなポイントになっているのが、リアの有孔ボード(オプション)。マグネットバーにスチールの小物入れやカトラリーを固定したり、S字フックでカップやギアを吊るしたりと、ディスプレー要素を兼ねた“魅せる収納”を実現している。実用性だけではなく、遊び心とオシャレ感にも徹底してこだわった、RIW200らしい意匠だ。

アウトドアレジャーを快適にするギミック

RIW200 4WDのアウトドアテーブル&ベンチ

RIW200には、フィールドでの使い勝手に特化した独自のギミックも盛り込まれている。もっとも特徴的なのは、ダイネットのテーブルとリアのベッドマット&土台が、屋内外兼用になっていること。

車内からテーブル、ベッドマット、マットの土台を屋外に持ち出せば、オシャレなアウトドアテーブル&ベンチに早変わり! わざわざアウトドア用のテーブルとイスを積み込まなくていいので荷物を減らすことができ、キャンプ道具を持っていない初心者でも気軽にアウトドアレジャーを楽しめる。

RIW200 4WDのアウトドアテーブル&ベンチを収納

アウトドアベンチとして使えるベッドマットの土台をリアカーゴに2段で重ねると、収納ラックとしても活用できる。リアゲートを開けてラクに荷物の出し入れができ、キャンプ道具や遊びのギアもスッキリ収納可能。快適なアウトドアライフをサポートする、実用性抜群のギミックだ。

RIW200諸元

ベース車両
日産NV200バネット
エンジン
ガソリンエンジン1.597L
寸法(mm)
全長4,400mm/全幅1,695mm/全高1,850mm(NR2)、1,990mm(ER2)、2,020mm(ER4)
※エレベーティングルーフなし、あり、4WDで高さが若干違います
定員
乗車定員4名
就寝定員ノーマルルーフ 大人1人+子供1人
エレベーティングルーフ 大人2人+子供2人
価格
ノーマルルーフ2WD(NR2) ¥3,795,000(税込)
エレベーティングルーフ2WD(ER2) ¥4,697,000(税込)
エレベーティングルーフ4WD(ER4) ¥5,192,000(税込)
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, , , , , ,

キャンピングカープラザ大阪「欲しいときにすぐ納車できるキャンピングカー!!」
キャンピングカープラザ大阪「欲しいときにすぐ納車できるキャンピングカー!!」

レンタルキャンピングカーネット