「愛犬と使える快適な1台を求めて!」キャブコンオーナーインタビュー

キャンピングカー紹介
, , ,

corderundy_01

愛犬のチワワ3頭と一緒に、キャンピングカーで気ままな旅を楽しんでいる高橋さん。理想のペット仕様を求めて、7年間で3台のキャンピングカーを乗り継ぎ、たどり着いたのが、現在の愛車バンテック・コルドランディだった。ペットと出かけることに特化して開発された同モデルだが、愛犬家にとって実際の使い勝手はどうなのか? ワンコ3頭を連れてキャンピングカーの旅を楽しんでいるオーナーの高橋さんに、愛車コルドランディの魅力や使い勝手をインタビューした。

高橋 光さん(50歳)東京都
愛車:コルドランディ(バンテック)
キャンピングカー歴:7年(このクルマが3台目)

ペットと旅をするためキャンピングカー購入を決意!

バンテックのコルドランディ

キャンピングカーを購入したキッカケは?

ペットがいると、気ままに出かけることが難しいんです。事前にペットと泊まれる宿を探して予約をしなければならないし、普通車だと出先でちょっと留守番させておくのも大変……。「チワワ3匹を連れて、気軽に旅行やお出かけをしたい!」と思ったのが、キャンピングカーを購入したキッカケですね。

コルドランディとペットの愛犬

これまで乗り継いだキャンピングカーについて教えてください。

初めてのキャンピングカーは、7年前に購入したセキソーボディのトム23。ライトエースがベースのコンパクトなキャブコンだったので、運転はラクだし、機動性に優れた1台でした。このクルマを購入して、ワンコと一緒に気ままにお出かけしたいという希望は叶いましたが、使っていくうちに、冷蔵庫の容量が小さいことやトイレがないことに不満を感じるようになって……。何より、ワンコを安心して留守番させるには、サブバッテリーで稼働できるエアコンが必要だということを痛感しました。
その3つの要素を踏まえて乗り換えたのが、バンテックのジル・ノーブル。冷蔵庫は90リットルの大容量。豪華なトイレも付いているし、駐車中にサブバッテリーで稼働できるエアコンも標準装備されているし、ボイラーで温水シャワーも使える。内装のデザインもホテルのような高級感があって、とにかく豪華なキャブコンでした。でも、結局2年ほどで次のクルマに乗り換えてしまったんですけど……。

そんな豪華なキャンピングカーを、短期間で乗り換えてしまったのはナゼ?

乗り換えた理由は、サイズとレイアウトが、自分の使い方には合わないと感じたことですね。まず、ジル・ノーブルは全長が5160mmなんですけど、自宅の駐車場にギリギリのサイズで、駐車する際に何度も切り返さなければいけないのが大変だったんです。
あとは、リアのダブルベッドをワンコ3匹のスペースにしていたことで、何をするにも一番奥までいかなければならないし、ワンコを出し入れするのも大変だった。実際に使ってみて、レイアウト的に自分の使い方には合わないと思ったので、早い段階で乗り換えを決意しました。

コルドランディを選んだ理由は?

コルドランディの車内と愛犬

最終的に、現在の愛車コルドランディを選んだ理由は?

コルドランディはもともとペット仕様として開発されたキャブコンなので、装備や内装レイアウトがチワワ3匹と一緒に旅をする自分のスタイルにピッタリでした。それが、このクルマに乗り換えた最大の理由です。
あとは、ボディサイズが全長4995mmでジル・ノーブルよりもコンパクトだったこと。実際には17cmくらいしか変わらないんですけど、その差はかなり大きいです。乗り換えて、自宅駐車場の車庫入れもだいぶラクになりました。

「ペット仕様」として、とくに魅力を感じた部分を教えてください。

やっぱり標準装備でエアコンが付いていることですね。エンジンを切っても、トリプルサブバッテリーで半日くらいは普通にエアコンを使えるので、夏場でも安心してワンコを留守番させられます。食事や観光など、出かけた先でワンコを連れていけないことも多いので、ペット連れの旅行やお出かけでは、とても重要なポイントです。

コルドランディのエアコン

ペット旅に特化した内装レイアウト

コルドランディの車内とペット

チワワ3匹の生活スペースはどこに確保していますか?

コルドランディには、助手席の後ろに広くてフラットなスペースがあるので、そこのサイズにピッタリのソフトケージを購入して、ワンコ専用スペースにしました。
車内空間の使い方は、助手席の後ろがワンコスペース、キッチンとL字ソファのリアダイネットが生活スペース、バンクベッドが就寝スペース。用途によって車内の各エリアを使い分けできるので、メリハリがあって快適に生活できます。自分の使い方にはピッタリの内装レイアウトですね。

コルドランディのバンクベッド

愛車のお気に入りの点を教えてください。

さっきも話に出ましたが、まず第一に駐車中に使えるエアコンが装備されていること。ペット仕様として、これは絶対条件です。ほかの装備では、FFヒーターのダクトが床下を回っていて、床暖房になっているのもワンコに優しいポイントですね。
使いやすく無駄のないリビングスペースのレイアウトや、ワンコスペースがエントランスのそばに確保できて出し入れがラクなことなど、ほかにもお気に入りの点はたくさんあります。

コルドランディとペット

使い方としてはイレギュラーかもしれませんが、キャンプ場などではメインバッテリーのメンテナンス用ハッチにトレッキング用ストックを脚代わりにセットして、屋外用のサイドテーブルとして使用しています。そばにチェアを置くと、小窓から車内のワンコの様子を確認しながら外でくつろぐことができて、とても便利です。

愛犬とキャンピングカーをフル活用!

バンテックのコルドランディ

愛車をどのような用途に活用していますか?

基本は、土日祝日のレジャー用として、キャンプ、温泉、釣り、観光など、さまざまな用途でフル活用しています。ワンコを連れて気軽に出かけられるし、駐車枠に収まるボディサイズなので、出先で駐車場に困ることもない。ディズニーランドに行ったときは、留守番させたワンコの様子を見がてら、キャンピングカーを休憩所としても使ったり……。ペットと泊まれる宿を予約する手間がないので、急なお出かけにも対応できるのが便利ですね。

高橋さんとペットとコルドランディ

これからどんな楽しみ方をしていきたいですか?

キャンピングカーに乗ってよかったのは、気軽にワンコと出かけられるようになったことと、キャンピングカー仲間がたくさんできたこと。ようやく自分のスタイルに合ったクルマに出会えたので、これからも今までと同じスタイルで、ワンコと一緒にキャンピングカーライフを満喫していきたいです。

VANTECH CORDE RUNDY(コルドランディ)諸元

ベース車両
トヨタカムロード(2WD・4WD)
寸法(mm)
全長4,995 × 全幅:1,980 × 全高:2,960(mm)
定員
乗車定員6名/就寝定員4名
価格
¥6,666,000(税込)~
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, , ,

バンテック「ライトに遊べるキャブコンコルドシリーズ」

レンタルキャンピングカーネット