バンコン専門メーカーが作る2人旅仕様の決定版「ハイエース・プラスSL」

キャンピングカー紹介
, ,

sl_01

愛知県のレクビィは、創業35年の歴史を持つキャンピングカーメーカー。機能性、実用性、使い勝手、デザイン性などのあらゆる要素で“バンコンの可能性”を追求し続けてきたバンコン専門ビルダーの名門だ。そんな同社がラインナップするモデルには、独自の“バンコン哲学”がしっかりと息づいている。

今回紹介するプラスSLは、スタンダードな内装レイアウトにレクビィならではの独創性をプラスしたロングセラーモデル。二の字ソファのゆったりとした室内空間、落ち着きのあるカラーリング、家のように快適に過ごせる機能性と利便性……。それらすべてをコンパクトな車内に凝縮した、贅沢な大人の2人旅仕様だ。

2人旅に特化したシンプルな内装レイアウト

レクビィプラスSL

ベース車両は、ハイエース・スーパーロング。全長5380mm×全幅1880mm×全高2285mmのビッグサイズで抜群の居住性を実現できる、バンコンのベース車両の王道モデルだ。2人旅仕様では、よりコンパクトなハイエース・ワイドミドルやナローボディが使用されることも多いが、スペースに余裕のあるスーパーロングならプラスアルファの要素を入れ込むことも十分可能だ。

レクビィプラスSLの内装

リアの居住スペースは、開放感にあふれ、シートアレンジをせずにテーブルを挟んでゆったりとくつろげる対面二の字ソファのレイアウトを採用。長い年月を経ても変わらず多くのユーザーから支持を集め続ける、使い勝手に特化した2人旅仕様の定番レイアウトだ。

レクビィプラスSLのキッチン

スライドドアを開けると、目の前にはコンパクトなキッチンが。室内高に余裕のあるハイルーフのため、立った状態でキッチンとしっかり対峙できるのがうれしい。スライドドアの正面にレイアウトされているので、給水・排水の際にキッチン下部から水タンクを出し入れするのもラクラク。大容量の収納スペースも確保され、コンパクトながらも抜群の実用性を誇る。

プラスSLの水タンク プラスSLのシート

リアシートは、大型の横向きソファをボディ左右に配置した、いわゆる対面二の字レイアウト。テーブルを挟んでゆったりくつろげるのはもちろん、シート下の大きなスペースを収納庫として使用できるのもポイントだ。シートからベッドへの展開方法にもこだわっており、座面を中央にスライドさせるだけでアッという間に3人分のベッドが完成する。ベッドメイクの手間を最小限に抑えた、ユーザー目線の設計だ。

レクビィのバンコン哲学を反映した「通路」と「個室」

プラスSLの内装

二の字ソファの内装は、一見何の変哲もないスタンダードな作りにも思えるが、そこには長年に渡ってバンコンの可能性を模索してきた老舗ビルダーレクビィならではのバンコン哲学が息づいている。注目してほしいのは、リアエンドに“個室”が用意されていること!さらに、対面ソファの間にあるテーブルを外せば、フロントからリアまで一続きの“通路”になる。

キャブコンでは当たり前の「個室」と「通路」という2つの要素を、スペースの限られたバンコンで実現しているのが、プラスSL最大のアイデンティティだ。トイレがない場所でも車中泊できることと、生活空間に動線が確保されていること。キャンピングカーの旅において、その恩恵は計り知れない。

プラスSLの個室

スーパーロングのゆとりある室内長で実現した、リアエンドのマルチスペース。完全な個室になっているので、トイレルームとしても十分使用可能。ほかにも、ケージを置いてペットルームにしたり、キャンプ道具やアクティビティ用の大型ギアを積載するカーゴルームにしたりと、ライフスタイルに応じてさまざまな用途で活用できる。

プラスSLの個室

居住空間とリアの個室の仕切り壁に、折れ戸を使用しているのも特徴的。明確にスペースを仕切って個室感をアップすると同時に、出入り口に折れ戸を使用することで家にいるような雰囲気も演出している。対面ソファの間にあるテーブルを外せばフロントからリアまで一続きの通路となり、リアエンドの個室まで立ったまま歩いて移動できる。

シンプルながらもツボを押さえた装備の数々

プラスSLの冷蔵庫

キッチン下部に設置された49Lの冷蔵庫は、標準モデルではオプション、上位グレードのSuperiorでは標準装備となる。スライドドアの正面にレイアウトされているので、屋外から冷えた飲み物などを取り出す際もスムーズだ。

プラスSLのスツール

助手席後方には、キャンピングカーの必須装備であるシューズボックスと1人がけのイスを合体させたスツール靴箱を設置。バンコンの限られた空間を有効利用するアイデア装備だ。

プラスSLの上部収納

リアクーラーユニットを移設することで実現した、コクピット上部の大型収納スペース。かさばる寝具や着替えなどを収納することができ、物があふれがちな室内空間をすっきりと整頓できる。

プラスSLのリア上部収納

リアの右サイド上部には、小物などを整理して収納できるオーバーヘッドシェルフを完備。すべての家具の扉には、伝統的な網代仕立てを取り入れたデザインを採用し、ブラウンを基調とした飽きのこないナチュラル系のインテリアと絶妙にコーディネートしている。

プラスSLの車内照明

照明は、暖色系のラインLEDを採用。天井周りをスッキリ見せることで開放感を演出し、温かみのある光で居心地の良い空間を作り出している。

抜群の実用性を誇る定番レイアウトの二の字ソファに、「通路」と「個室」というバンコンには贅沢な2つの要素をプラスしたプラスSLは、まさに2人旅仕様バンコンの決定版! 落ち着きあるカラーリングの開放感あふれる室内空間、ストレスのない生活動線、マルチに使えるプライベートスペース……。長期の旅でも最高の快適性を約束してくれる、“バンコンの匠”ならではの空間作りが秀逸だ。

プラスSL諸元

ベース車両
ハイエースSL キャンパー特装車
エンジン
ガソリン2.7L
寸法(mm)
全長5,380mm/全幅1,880mm/全高2,285mm ※(2,400mm)
※「スーペリア」ご選択 含マックスファンベンチレーター高
定員
乗車定員8名/就寝定員3名
価格
¥4,550,000(税別)~
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, ,


レンタルキャンピングカーネット