雪に強いカナダのトレーラー プロライト プラス

キャンピングカー紹介
,

canada-trailer_01

先に開催されたカートラジャパンで日本初出展?!となったカナダ製キャンピングトレーラー プロライト プラス。雪の多いカナダ東部のケベック州生まれ。雪に強い秘密とは。

ファイバーグラスの加工に秘密が・・・

なぜ雪に強いのか。その理由の一つは、キャンピングトレーラーを作っている材質と加工技術にあります。
ファイバーグラスはボート(FRP)や航空機の材料にも使われる丈夫な素材です。ファイバーグラス(FRP)をトレーラーの屋根など一部に使う例はありますが、天井から下部まで継ぎ目なく一体で加工する例はありません。
継ぎ目がないことで、天井の強度は上がり、雪の重みが長く続いても耐えられる構造になっています。

継ぎ目がないファイバーグラスで雪の重みに耐えられる
継ぎ目がないファイバーグラスで雪の重みに耐えられる

側面の素材もファイバーグラス(FRP)を使用。側面と天井部とのつなぎも特殊なテープを用いて強度と耐久性を出しています。特殊テープはドライバーで刺しても簡単には穴が開かない丈夫さがあります。

️小型トレーラーでもスライドアウト

小型トレーラーながらスライドアウト
小型トレーラーながらスライドアウト

プロライト プラスはサイズ全長4,740mm 全幅1,980mmと小型のトレーラーです。しかしながらリビングはスライドアウトして、中は広々した空間が生まれます。

スライドアウトした室内
スライドアウトした室内

スライドアウトの機構を持つため重量的に牽引免許が必要になりますが、安全のために免許を持つのも良いと思います。
*スライドアウト無しで牽引免許不要の車種も有り。

ちょうどいいサイズの室内
ちょうどいいサイズの室内

室内はカナダらしく無垢のメイプル材を使い暖かみのある、落ち着いた室内を作り出しています。内部には十分な断熱材が入れられ、保温効果を高めています。
展示車は室内に土足で上がることを前提にしていますが、当然現地ではそのように使われており、購入したら土足で使ってみたくなりそうです。

木部は無垢のメイプル材を使用
木部は無垢のメイプル材を使用

見えないところも耐久性を確保

ファイバーグラスは強度のある素材ですが、これをタイヤハウスの内側にも使っています。この部分がプラステックで作られているものもありますが、強度がないと跳ね石でヒビが入り、そこから水や雪の浸透を招いてしまいます。ファイバーグラスではその辺りの強度も保たれています。

タイヤハウスの内側もファイバーグラスを使用
タイヤハウスの内側もファイバーグラスを使用

タイヤはトレーラーが多いカナダの基準に沿ったトレーラー専用タイヤを使用。これはトレーラー用にサイドウォールが強化され、横揺れなどが起こりやすいトレーラーをバーストなどによるトラブルを防いています。

サイドウォールを強化したトレーラー用タイヤを装着
サイドウォールを強化したトレーラー用タイヤを装着

北海道より北の国カナダケベック州

コンパクトなボディが日本の道路にもマッチしそうなプロライトプラス
コンパクトなボディが日本の道路にもマッチしそうなプロライトプラス

キャンピングトレーラーが作られるプロライト社はカナダケベック州にあります。ここは北海道より北にあり、雪の多い東海岸側に位置しています。
長く厳しい冬が続く土地で作られたキャンピングトレーラー プロライト プラスは、きっと日本の冬でも活躍します。

プロライト プラス諸元

車体サイズ
全長4,740mm/全幅1,980mm/全高2,410mm
就寝定員
2-3名
価格
¥3,680,000 (税別、予備検付き)

問い合わせ先

会社名
Right Stuff Trade LLP (ライトスタッフトレード)
住所
#205-810 Quayside Drive New Westminster BC Canada V3W 6B9
電話番号
03-4563-9644(日本専用)
1-604-498-0578(カナダ)

ホームページはこちら

日本国内でのお問い合わせ先(代理店)

(株)上嶋自動車 0155-36-1136
Caravan Works 027-972-2178

キャンピングカー紹介
,


レンタルキャンピングカーネット