YouTubeでおなじみ!ジル520オーナー「まるんぽチャンネル」さんインタビュー

キャンピングカー紹介
, , , , ,

YouTubeでおなじみ!ジル520オーナー「まるんぽチャンネル」さんインタビュー
キャブコン限定の大規模オフ会キャンピングカーバケーション2022

5月14日(土)~15日(日)に、キャブコン限定の大規模オフ会キャンピングカーバケーション2022が開催され、会場となった静岡県・朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に全国から約150台のキャブコンが大集結した。

キャンピングカーバケーション2022のフラッグ

このイベントを主催したのは、関西エリアを中心に全国5拠点でレンタルキャンピングカー事業を展開するボンズキャンパー。同社の代表を勤めるまるんぽチャンネルさんは、ジル520のユーザー、ユーチューバー、ボンズキャンパー代表という3つの顔を持っている。

今回は、ジル520で家族とキャンピングカーライフを満喫するまるんぽチャンネルさんに、キャンピングカー購入の経緯や愛車のお気に入りポイント、現在の活動などについてお話を伺った。

まるんぽチャンネルさん
まるんぽチャンネルさん 滋賀県
愛車:ジル520(バンテック)
家族構成:夫婦+子供2人+ワンコ3匹
現車購入年:2020年11月
キャンピングカー歴:1年半(このクルマが1台目)

ペット旅のためにキャンピングカーを購入

ジル520の後ろ姿

キャンピングカーを購入したキッカケは?

キャンピングカーを購入するときに、「奥さんを説得するのが大変」なんて話をよく聞きますが、うちは妻が最初に「キャンピングカーを見に行きたい」と言い出したんですよ。

我が家は犬を3匹飼っているので、普通車で旅行していたときは事前にペットと泊まれる宿を探す必要がありました。そういう宿は数が少なくて行き先が限定されてしまうし、事前に予約をするのも一苦労……。「もっと気軽にペットと旅を楽しみたい!」と思ったのが、キャンピングカー購入のキッカケですね。

あとは、もともと家族でテントキャンプを楽しんでいたときに、荷物が多すぎてクルマ2台に分乗して行くこともあったんです。でも、キャンピングカーなら、テントを持っていく必要がないし、設営・撤収もラクだし、大きなカーゴスペースもある。それも、キャンピングカー購入の後押しになりました。

ジル520の車内

キャンピングカー購入までの経緯を教えてください。

今から約2年前に妻が「キャンピングカーを見に行きたい」と言い出して、関西エリアのキャンピングカーイベントを2回ほど見学に行きました。そこでキャブコン購入はほぼ決まっていたのですが、ちょうど家を買い替えるタイミングだったので、敷地にキャブコンを止められることが確認できてから、バンテック京都に行ってジル520を契約しました。

もともと父親が中型バスをベースにした自作のキャンピングカーに乗っていて、昔からキャンピングカーが身近な存在だったので、購入時にあまり悩むことはなかったですね。

ジル520のキッチンスペース

高級感あふれる内装と豪華装備が購入の決め手

高級感あふれる内装

数あるキャンピングカーの中からジル520を選んだ理由は?

もともと「キャンピングカーを買うならキャブコン」と決めていました。ジル520を選んだ最大の理由は、インテリアの雰囲気が大人っぽくて落ち着いていること。家族4人とワンコ3匹でゆったり過ごせる居住空間と、全員が余裕をもって寝られるベッドスペースが確保されていて、レイアウト的にも我が家のニーズにピッタリでした。

エアコンやトリプルサブバッテリーシステム、トイレ、ボイラーなど、必要な装備がすべて標準化されていることも、ジル520を選んだ大きな理由のひとつです。

広々としたベッドスペース

実際に乗ってみて、気に入っている点を教えてください。

まずは、走行性能。我が家のジル520は、強化ショックや前後スタビライザーで足回りをチューニングしてあるのですが、そのおかげで走りにストレスを感じることはないですね。横風にも強いし、長女の運転でも安心して助手席に乗っていられます。

あとは、家と同様の感覚で使えるカセットトイレが装備されていること。家族4人のうち3人が女子(妻と娘2人)なので、我が家にトイレは必要不可欠。暗い場所や寂しい場所で車中泊することもありますから、車内でトイレを済ませられるのは重要なポイントです。

家庭用エアコン

家庭用エアコンや電子レンジ、温水設備(ボイラー)が付いているのも、ポイントですね。エアコンがあれば1年中快適だし、ボイラーは寒い冬でもお湯が使えて、起床後に寝ぐせを直すときにも重宝します(笑)。長期の旅でも家にいるときと変わらない生活を送れるのは、こうした快適装備のおかげです。

電子レンジ

納車1年半で5万2000kmを走破!

ジル520

愛車をどのような用途で活用していますか?

キャンピングカーの使い方は、「YouTube動画撮影のクルマ旅」と「家族で行くキャンプ・クルマ旅」の2パターンです。YouTubeの撮影は長女と2人、プライベートの遊びは家族全員で行きます。

家族全員で出かけるときは、キャンプもしますけど、観光メインのクルマ旅も多いですね。RVパークを活用して地元のグルメや観光を楽しむスタイルで、長いときは1週間から10日間ほど気ままな旅を楽しんでいます。ジル520が納車されてまだ1年半ですが、走行距離は5万2000kmオーバー。北は青森から、南は鹿児島まで走り回って、関西以南の県はすべて走破しました。

ジル520リビングスペース

キャンピングカーの魅力を伝える活動も積極的に行っていますが、その理由や現在の活動についてお聞かせください。

現在、YouTubeまるんぽチャンネルでの動画配信と、キャンピングカー専門のレンタル店ボンズキャンパーの運営をしています。

YouTubeは、我が家のキャンピングカーライフを発信するのがコンセプト。最初は自分たちが楽しめる動画を中心にアップしていましたが、登録者数が増えるにつれて「キャンピングカーユーザーに役立つ情報」を発信することを心がけるようになりました。長女と2人でクルマ旅をしながら、RVパークや観光スポットの紹介をしたり、キャンピングカーの情報を発信したりしています。

ボンズキャンパーをオープンしたキッカケは、YouTubeで「キャンピングカーは欲しいけど、高くて買えない」「キャンピングカーを体験してみたいけど、レンタル店が少ない」などのコメントを頂いたこと。「気軽にキャンピングカーの魅力を味わってほしい」という思いで、ユーチューバーのケンキャンさんと一緒にボンズキャンパーを立ち上げました。レンタルキャンピングカー事業以外にも、ユーザーが楽しめる場、ユーザー同士がつながる場を提供できるように、キャンピングカーバケーションという大規模オフ会のプロデュースも行っています。

自分自身キャンピングカーが大好きだし、その魅力をもっとたくさんの人に知ってもらいたい。その思いが、すべての活動の原動力ですね。

家族と楽しむキャンピングカーライフ

キャンピングカーがあってよかったことは?

何よりも、家族と一緒に旅を楽しめるのが最高です。長女は現在22歳ですが、今でも2人でYouTubeの撮影旅をしたりして、一緒に過ごす時間がすごく多い。クルマ旅を楽しみながら家族の絆をより深めることができたのが、キャンピングカーを購入して一番よかったことだと思います。

あとは、仕事のしがらみがない、共通の楽しみを持つ仲間がたくさんできたことも、キャンピングカーに乗ってよかったことのひとつですね。

まるんぽチャンネルさん

これからキャンピングカーでどんな楽しみ方をしていきたいですか?

自分自身もキャンピングカーライフを楽しみながら、もっと多くの人にキャンピングカーの魅力を伝えていきたい。ボンズキャンパーにしても、YouTubeにしても、イベントにしても、たくさんの人に喜んでもらえて最高の笑顔を見られることが、やりがいになっています。これからも、家族と一緒に楽しみながら魅力を伝えていく“自分流のキャンピングカーライフ”を続けていきたいですね。

・ユーチューブチャンネル:まるんぽチャンネル
・キャンピングカーレンタル:ボンズキャンパー
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, , , , ,

バンテック「Comfort with Safety.快適で安全。」
バンテック「Comfort with Safety.快適で安全。」
レンタルキャンピングカーネット