シトロエン・ベルランゴ/プジョー・リフターはベッドキットでアクティブなトラベルビークルになる‼︎

NEWS
, , ,

シトロエン・ベルランゴ/プジョー・リフターはベッドシステムでアクティブなトラベルビークルになる‼︎

小ぶりで気取らず、けれどもちょっとおしゃれ。抜群のユーティリティでオンオフを問わず極めて重宝。そんな立ち位置を日本で築いたルノー・カングー。現在では、フランス車好き、ルノー好きという人たちばかりでなく「カングー好き」という人たちも現れるほど愛されています。もちろんごく普通の商用車としては多くの国と地域で支持されてきましたが、限られたセールスの規模を逆手に取り、色とりどりの外装色を代わる代わる用意して、カングー越しにフランスの日常を投影したようなマーケティング。それを受けて家族の一員のように迎え入れられ、カングーに特化したイベントも開催されるようなムーブメントは、ルノーの首脳陣もはるばる視察に来日するほど。

そんな愛すべきレジャーツール/トラベルツールとして確立したフランスの旅ぐるまの選択肢として、ライバル車たるシトロエン・ベルランゴプジョー・リフターの正規輸入がスタート。早くも高感度なアウトドア愛好家や、車好きを中心に人気を博しています。

そんなベルランゴリフターでより旅をアクティブに楽しめるようにと、ベースの使い勝手をスポイルさせることなく、かつ簡便にユーティリティを向上させるアイテムを展開するブランドagré(アグレ)から専用のベッドキットがリリースされました。

昨年末のリリースにもかかわらず、早くも引き合いも入っていると言うこのベッドキット。早速見せていただくために千葉県流山市のRVランドコンセプトを訪ねました。構造もシンプルながら、あるとないとは大違い。加えてベース車の作りを最大限に活かし、このクルマならではのジャストで快適性を引き出すことに成功しているこのアイテムの狙いなどもお聞きしました。

よりモダンで、高価ながら、カングーに対して明確なアドバンテージも

シトロエン・ベルランゴとプジョー・リフター
シトロエン・ベルランゴ(左)とプジョー・リフター(右)

まずシトロエン・ベルランゴプジョー・リフターについて簡単に触れておきたいと思います。シトロエン/プジョーにおけるルノー・カングーのライバル車と言って良いモデル。カングーはすでに日本でも独自のキャラクターを確立している人気車種。相当に遅れをとっての導入となりました。しかしながら、遅れてやってきただけのことがある内容に仕上がっていると言うことができるでしょう。

バカンスのイメージも色濃いフランスの旅ぐるま。カングーが日本ではガソリンエンジンのみの展開であるのに対し、ベルランゴ/リフターはクリーンディーゼルエンジンのラインナップとなっています。低中速でトルクが豊かで扱いやすく、8速オートマチックとの相性もよく、軽やかで身軽な身のこなしがより顕著に感じられます。ただ、どうしても金額的には高価になる傾向もあって、カングーより相当遅れての登場にもかかわらず値段も高価格帯での展開となります。

しかし、カングーが素朴でシンプルな構成なのに対して、ボディの剛性も高く、豊富な小物入れなどを含めた収納の多さ、さらにはリアゲートはガラスハッチのみの開閉もできるなど、単に少しだけ大きなボディサイズであるばかりでなく、より充実なワゴンとしての作りになっています。

ガラスハッチ
荷物の出し入れで使いやすいガラスハッチ

商用車と言うとどこか硬い乗り心地などをイメージしがちですが、フロントの荷重が常に適切にかかっていて、しなやかな乗り味を持っています。また芯のしっかりしたシートのかけ心地など、長距離移動も、出かけた先々での頻繁な乗り降りなどでも実に腰への負担が少ないなど、クルマとしても、より多くの人に注目していただきたい魅力を多数備えているクルマだと言えるのです。

シトロエン・ベルランゴのリアシート
3分割できるシトロエン・ベルランゴのリアシート

そしてベルランゴとリフターの間でも明確なキャラクター分けがなされており、単なるブランド違いにとどまらない車種グレード構成になっています。よりポップで明るく楽しいファンなワゴンのベルランゴ。全体的に落ち着いたコーディネートとなって、より走りの質にもこだわる道具感を大切にしているリフター。この2台の間でも大いに迷うに違いない。そんなキャラクターの違いになっているかもしれません。兄弟車と言うよりも「最大のライバル」と言っても良いのではないか。シトロエン・ベルランゴとプジョー・リフター。この2台を見ているとそんな雰囲気を感じます。

あらゆる可能性を排除しないために、ベッドキット自体はできるだけシンプルに

agré(アグレ)のシトロエン・ベルランゴ用ベッドキット
agré(アグレ)のシトロエン・ベルランゴ用ベッドキット

この度、シトロエン・ベルランゴとプジョー・リフター向けに登場したagré(アグレ)のベッドキット。実際に目の当たりにしてみると、とてもシンプルな構成になっています。車体への加工は一切なく設置ができる作りになっています。

もともとカーゴルームはスクエアで使い勝手のいい形状に作られているとはいえ、そのスペースの絶妙なところで十二分なスペースを作り出しています。

車中泊で大切なのはいかに傾斜を無くすか。最小限のフレームで、マットをはめ込むと広大でフラットなベッドスペースを作り出す寸法になっているのです。

agré(アグレ)のベッドキット
シンプルで使いやすい構造のagré(アグレ)ベッドキット

RVランドコンセプトの山森店長によれば「こだわったのは寝心地の良さ。そして使い勝手と品質です。展開時、収納時を含めた違和感の無い収まりの良さもポイントの一つです。確かに、スペース的にはいろんな方法が取れるかもしれませんが、極力シンプルに、逆に車内空間をデザインすることでユーザーの方の創意工夫や幅広い応用が効くようになると思っています。ですので今回は、ベッドキット側に他の架装は考えませんでした。」とのこと。

agré(アグレ)のプジョー・リフター用ベッドキット
agré(アグレ)のプジョー・リフター用ベッドキット

確かにベース車自体に前席シートバックにピクニックテーブルもあり、軽食をとる程度であれば十分。分割式のマットをトノーカーバーの位置に設置することで、広めのテーブル的に使うことも可能です。あまり専用品を作りつけなくても、パソコンを置いて仕事をしたり、と最近俄かに活況を呈しているリモートワークなど、バンライフにもしっかり対応している点は純粋に「簡素だ」と言うのとは違う、節度ある割り切りを感じさせるものと言えるのです。

トノカバーとカップ
トノカバーは簡易テーブルに

一台、マイカーにシトロエン・ベルランゴ/プジョー・リフターを愛車に迎え入れたならば、ぜひ合わせて装備しておきたいアイテム、そんなベッドキットではないでしょうか。

窮屈でなく、大の字になれる。目指す快適性はむしろ本格的なレベル感

プジョー・リフターのベッド展開
広々としたプジョー・リフターのベッド展開

仕組みも構造もシンプルとはいえ、決して妥協や、間に合わせと言う雰囲気は全くしないのがこのベッドキットなのです。

すでに車中泊を楽しんできた人も多いルノー・カングーの場合、後部座席を折り畳んで広がるフラットに展開する部分の長さは1700mm。それに対して、今回のシトロエン・ベルランゴ /プジョー・リフターは1800mmと100mm長くなっています。これは、キャンピングカーでハイエースベースの比較的高級モデルで後部に設けられる常設ベッドに近い就寝スペースを作ることができているのではないでしょうか。

もちろん、ハイエースの場合ダブルベッドサイズで幅にはさらにゆとりがあるケースも少なくありません。しかしベルランゴ/リフターでは横方向も1200mmと一人分の就寝スペースとしては決して狭くはありません。

天井の収納ボックス
ルーフの収納ボックスは車中泊時にも威力を発揮

加えて、フラットなベッド展開をした際の頭上空間も十分。もちろん立って移動することはできず屈むことが必要にはなりますが、就寝時など、圧迫感は少ない寸法が確保されているのです。キャンピングカーでもない乗用車を簡易的なベッドキットで車中泊を行うものとしてはかなりリッチなスペースユーティリティを生み出している点も無視できません。しかも、この時、ベッドの下には270mmの高さを保って荷物を納めておくスペースを残しているのですから、キャンプに出かけて一人ないし二人分の就寝スペースはテントではなく車内に作り出すことができると言うのは、とても合理的で便利なことではないでしょうか。

ちなみに、ベッド下の270mmの高さの収納スペース。高性能で最近大変な注目を集めているリチウムイオン蓄電システムEFDELTA(イーエフデルタ)をピッタリ収めることができるもの。合わせて利用すれば、一台車を導入することで「居住スペースを整備する」事にもなるのです。

EFDELTA(イーエフデルタ)とベルランゴ
ベッド下にピッタリ収まるEFDELTA(イーエフデルタ)

キャンピングカーに手を出す前に、agré(アグレ)のベッドキットを備えたベルランゴ/リフターはかなり頼もしい一台になるのではないでしょうか。

ベルランゴのベッドキット
ベルランゴのベッドキット

リフターは少し大人びた、落ち着いたファブリック素材を。ベルランゴ向けにはより明るい彩り豊かなコーディネートが採用され、さらに汚れてもさっと拭き取れるPVCレザーを採用。また展開もできるだけ素早く簡単に。数多くキャンピングカーを手がけてきた経験とノウハウも生かされており、もちろん難燃で安全な作りに。シンプルで収まりがいいが使い勝手と快適性は本格的。まさに最初からこのクルマのために用意されていたかのようにフィットし、しっくりとなじむコーディネート。

パーソナルな移動手段に再び注目が集まり、さらにそこで過ごす時間にもこだわる人が増えてきた今、ベルランゴ/リフターにアグレのベッドキットを搭載すると、なかなかスータブルな愛車が仕上がることは、より多くの人に知っていただきたいことでした。

agré Bed system for CITROEN BERLINGO
agré Bed system for PEUGEOT RIFTER
価格
お問い合わせ下さい
お問い合わ先
RVランドコンセプト agré(アグレ)
千葉県流山市流山8-1060-1
TEL
04-7157-7077
WRITER PROFILE
中込健太郎
中込健太郎(なかごみ・けんたろう)

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業後、自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情は今も明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS
, , ,

Facebook 公式ページ
レンタルキャンピングカーネット