キャンピングカーのバッテリーシステムをパッケージ化したEcoFlowの新システム

NEWS
, , , ,

キャンピングカーのバッテリーシステムをパッケージ化したEcoFlowの新システム

大きなキャンピングカーには家庭用エアコンが標準装備され、バンコンにも直流12Vエアコンが搭載されるようになってきました。

ちょっと前のキャンピングカーでは、設備省電力化を追求したLED化などが行われていましたが、最近では消費電力拡大の傾向が強くなってきたといえます。これも、強力な電源設備が組めるようになったおかげでしょう。

キャンピングカーの電源システムは進化を遂げ、最近ではリチウムイオンバッテリー搭載モデルも目立ってきています。さらに、大きなポータブル電池を利用するシステムまで誕生して、これまでのキャンピングカー電源設備の概念も変わろうとしています。

そんな、電源システムの次なるトレンドは何か? 興味を持って業界を観察していたところ、ポータブル電池のメーカーEcoFlow(エコフロー)から、新しいシステムが誕生したというニュースが入ってきました。

そこで、国内で最初にこのシステムをデモカーへインストールしたRVランドへ行って、その実力を確認してきました。

キャンピングカーの電源システムがコンパクトにパッケージ化

EcoFlowパワーシステム

RVランドでは、VANTECHのジルにこのシステムを搭載していました。ベース車両は中古車だったので、これまでの電源システムを撤去して、EcoFlowパワーシステムをインストールしたというのです。

シート下にはバッテリー本体とシステムが組み込まれていましたが、そのスッキリした光景にはちょっと驚きです。

バッテリー本体とシステム

ケーブルらしきものが、ほとんどありません。上の写真はベンチシート下に装着されたシステムですが、左側がパワーハブ、右側が2kWhLFPバッテリーです。

バッテリーは専用のステーでしっかりと固定されています。もし横に並べるスペースがなければ、縦に積み上げることも可能だそうです。

スマート分電盤

少し離れたところに、設置されているのがスマート分電盤。その周りにはキャンピングカーでよく見かける一般的なケーブルが見えています。室内灯など、車内の配線が直接ここに集まってきているようです。

スマート分電盤の内部

スマート分電盤の中は上の写真のような状態です。右側が直流、左側が交流の回路に分かれていて、ヒューズ、ブレーカーがそれぞれ設置されています。ケーブルコネクターはさらに内部にあって、ほとんどがドライバーレスで作業できるようになっていました。

バッテリー自体が発熱するので低温時でも安定出力

バッテリー

バッテリーは非常にコンパクトです。新しく開発されたLFPバッテリーで、上の写真のサイズで2kWhの容量です。12Vのバッテリーで換算すると、2kWh→2000Wh→2000/12(V)Ah→約167Ahというサイズです。

今回、RVランドではこのバッテリーを2つ搭載しているので、約334Ahのバッテリー容量となります。ディープサイクルバッテリーだと、トリプルバッテリーぐらいの容量ではないでしょうか。

EcoFlowパワーシステムは住宅用の電源システムでも使える拡張性があるので、さらに大きなバッテリーが用意されていて、5kWhタイプもあります。最大で3つまで接続できるので、最大15kWhまで設置できるそうです。

上の計算方法で換算すると約1250Ah。ディープサイクルバッテリー約10個分というイメージ。クルマではスペース的に厳しいので現実的ではないのですが、この容量を制御できるだけのポテンシャルを秘めていると考えたら、安全マージンも大きいといえます。

バッテリー残量計

バッテリー本体には残量計がついているので、状態を確認するのも簡単。もちろん、過放電や充電バランスなどを監視するBMSも組み込まれています。

バッテリーは低温時の出力低下がネックですが、このLFPバッテリーには自己発熱機能がついていて、マイナス20度の状態でもシステムを稼働できるようになっているそうです。

また、細かい点ですが、ホットスワップ対応の回路になっているので、システムの電源を落とすことなく、バッテリー交換ができるのもポイント。メンテナンス作業の効率を向上させる設計が考えられているのです。

48Vで稼働するシステムがキャンピングカーの電源設備を一新

システム全体の制御をしているパワーハブ

システム全体の制御をしているパワーハブ。シンプルなデザインでスイッチもほとんどありません。主電源、直流出力、交流出力の3つのボタンがあるだけです。

ボタンが少なくて不安を感じるかもしれませんが、wi-fi、bluetoothの通信に対応していて、専用のアプリで細かい操作ができるようになっているようです。

この箱の中には、2台のMPPTソーラー充電器、DC-DCバッテリー充電器兼MPPTソーラー充電器、インバーター、DC-DC降圧コンバーターが組み込まれています。

EcoFlow独自のX-Boost機能を使ってAC出力は最大5000Wまで対応。入力では、AC充電入力が3000Wまで対応しているので急速充電も可能です。

DC入力はソーラーパネル最大4800W、オルタネーター最大1000Wまで対応していて、この2つを同時に利用することができるので、最大5800Wでの充電が可能です。

このパワーであれば、上で出てきたクルマではありえないサイズの15kWhという容量でも約3時間以内で満充電できるほどです。

また、搭載されているDC-DCバッテリー充電器兼MPPTソーラー充電器が優れもので、走行充電とソーラーパネルからの充電の制御を1台で行ってくれます。

この充電機は、エンジンが動いていることを検知して、オルタネーターからの電気が入ってくることを考えながら、ソーラーパネルからの電気との調整をする機能までついていました。

コネクター

EcoFlowパワーシステムの特徴が、このコネクターです。工具を使うことなくワンタッチで接続できるようになっています。

ケーブルは大きく分けて電源入力、バッテリー接続、電源出力の3種。シンプルにまとめられています。

このシステムであれば、ネジが緩むこともないので、施工者の技量によって仕上がりが変わることもありません。

パワーハブ自体がインバーター、充電機などの機能を兼ね備えているので、これまでのキャンピングカーのシステムのように、各機器をケーブルで接続する必要がないので、ここまでシンプルなシステムになったようです。

バッテリーシステムのケーブル

キャンピングカーのバッテリーシステムを見たことがある人であれば、ケーブルが思ったよりも細いことに気づくかもしれません。

これには理由があって、EcoFlowパワーシステムは直流48Vで運用されているからなのです。そのおかげでケーブルが細くなりました。

これまでの12Vに比べると、同じパワーを出す時の電流値は4分の1、電気損失は16分の1になるそうです。だから発熱量も少なく、ケーブルの太さも細めになっているのです。ケーブルもしなやかな素材で、コネクター接続も簡単でした。

タッチパネルモニター

車内の操作はこのタッチパネルモニターで行います。リアルタイムで電気の状態が分かるので、常にシステムの状態を確認できます。また、出力のオンオフも画面上でできるようになっています。

カスタマイズも簡単で、末端出力を12Vにしたり24Vにすることも可能です。なので、既存システムとの入れ替えも簡単に行えます。バッテリー本体をシステムに合わせて変える必要もありません。

いろいろな機能が満載のパッケージ化されたバッテリーシステムですが、気になるのは価格です。セットでの販売価格をみてみると、下記のような価格設定でした。

スターターキット (2kWh)

パッケージ内容
EcoFlow パワーハブ x1
EcoFlow パワーシステム専用2kWh LFPバッテリー x1
EcoFlow パワーハブ専用ケーブルセット x1
価格(税込)
¥572,000

セミコンプリートキット (2kWh)

パッケージ内容
EcoFlow パワーハブ x1
EcoFlow パワーシステム専用2kWh LFPバッテリー x1
EcoFlow パワーハブ専用ケーブルセット x1
EcoFlow パワーシステム専用スマート分電盤 x1
2kWh LFPバッテリー固定用バンド x1
価格(税込)
¥638,000

コンプリートキット (2kWh)

パッケージ内容
EcoFlow パワーハブ x1
EcoFlow パワーシステム専用2kWh LFPバッテリー x1
EcoFlow パワーハブ専用ケーブルセット x1
EcoFlow パワーシステム専用スマート分電盤 x1
EcoFlow パワーシステム専用タッチパネルモニター x1
スマート発電機 x1
2kWh LFPバッテリー固定用バンド x1
価格(税込)
¥847,000

高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれですが、施工のしやすさやシステムのパワーを考えたら、新しいキャンピングカーシステムとして採用される可能性もあるのではないでしょうか。

WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS
, , , ,

RVランド「キャンピングカー専門店RVランドのキャンピングカー買取り最高の舞台がある委託販売」 スルガ銀行「キャンピングカー購入に利用できるローン 購入をご検討中でも事前審査が可能」
RVランド「キャンピングカー専門店RVランドのキャンピングカー買取り最高の舞台がある委託販売」 スルガ銀行「キャンピングカー購入に利用できるローン 購入をご検討中でも事前審査が可能」
レンタルキャンピングカーネット