キャンピングカーでソロキャンを楽しむ

キャンピングカー活用法
, ,

solocamp_01

キャンピングカーショーの来場者を見ていると、家族連れの他に、ひとりでクルマを見ている方が多いのに気づきます。軽キャンパーやコンパクトなキャンピングカーの近くはいつも人があふれています。ひとりで使うためのキャンピングカーを見に来ているのでしょう。

自由気ままに旅をしたい。誰もが憧れるスタイルですが、一人であれば意外と簡単にできてしまうんです。なんてったってひとりですから。誰に相談することもなく、次の行動が取れるストレスフリー。一度体験したらやみつきになるかもしれません。

レンタルして、まずはキャンピングカーを体験してみる

キャンピングカー販売&レンタル「ネクストライフ」のリトルペア
キャンピングカー販売&レンタル「ネクストライフ」のリトルペア

しかし、キャンピングカーを購入するのはちょっとハードルが高い、という人は多いと思います。今、乗っているクルマで車中泊を体験するのも「あり」ですが、ひとりでの車中泊はこんなものか、とならないためにも、まずは環境を整えてみるのはどうでしょうか。

そこで、おすすめしたいのがキャンピングカーを借りてみるということです。ひとりでキャンピングカーを借りてどうするの? と疑問に思う人もいるかもしれませんが、レンタルキャンピングカーではひとりで使うコンパクトなキャンピングカーもあるんです。

クルマがあるということは、そうです、需要があるという事。まずはレンタカーでその快適な世界を体験してみるのもいいですよ。最近ではシンプルなライフスタイルが支持されていますが、ソロ、自由、ミニマムな世界をキャンピングカーで体験するのもいいでしょう。

️みんなはどうやって使っているの?

キャンピングカーなら快適なフラットベッド
キャンピングカーなら快適なフラットベッド

キャンピングカーのひとり旅。釣りに使ったり、天体観測、写真、サーフィンなど趣味のために使っている人も多いようです。でも、おそらく多くの人が旅行に使っているのではと感じています。美味しいものを食べ、温泉に入り、知らない土地を目指すなどです。

といっても、ひとり旅には欠点もあります。それは、ちょっとさびしい、すべて自分でやらなければならないなど。でも、パーティーなどが大好きな人以外は、さびしさも結構楽しめるものです。雨の日、キャンピングカーの中で本を読むなんて、最高の気分ですよ。

キャンピングカーの機能性に軍配が上がる

キャンピングカーなら時間に余裕が生まれます
キャンピングカーなら時間に余裕が生まれます

自分でやることも多いですが、キャンピングカーを使えば解決してくれます。車中泊を続けていると、寝る場所を作るなど、生活環境を整える時間が多いのに気づきます。キャンピングカーのように設備が整っていれば、準備する時間も短くなります。また、物が少ないので、シンクに溜まった食器にうんざりすることなんてありません。

結局、不便は機能性がカバーし、自由に動ける行動力の方が得られるものが大きいといえます。だからこそ、旅も充実し、満足感も高くなるといえるでしょう。また、狭い空間でのミニマルな生活を体験できる非日常感、そんな楽しさを味わえるのはキャンピングカーならではなんです。

レンタルキャンピングカーの値段と使い勝手は?

キャンピングカー販売&レンタル「ネクストライフ」のリトルペア室内
キャンピングカー販売&レンタル「ネクストライフ」のリトルペア室内

それではキャンピングカーをレンタルしてみようと思い、コンパクトなクルマを探したとします。すると、レンタル料金が普通乗用車に比べて高いことに驚くかもしれません。でも、その価格で新しい体験ができると思ったら、アトラクション参加料だと考えるのもいいでしょう。対価は大きいですよ。

また、キャンピングカーは運転が難しいのではと思う人がいますが、ちょっと気をつければ問題ありません。まずは高さを意識すること。高架下、道路標識など、意外と低い位置にあるので気をつけましよう。そして、重心の高さ。急なハンドル操作だと、大きく揺さぶられてしまいます。横風の影響も受けやすいので、慎重に運転しましょう。

実際の車体感覚は普段乗っているクルマと変わりません。特にコンパクトなキャンピングカーであれば、天井がいくら高くても、床面積は普通乗用車と変わらないものが多いので、おどろくほど普通に運転できてしまいます。

やはりキャンピングカーは得られるものが大きい

生活に必要な装備が揃うキャンピングカー
生活に必要な装備が揃うキャンピングカー

キャンピングカーにあって乗用車にないものは、平らな場所、電気設備、水などです。普通乗用車での車中泊を経験した人なら分かると思いますが、車内で平らな場所を確保するのは難しいものです。また、クルマを止めた時のスマホ充電にも困った人も多いのではないでしょうか。そして、歯磨き程度の簡単な洗面設備も欲しいと感じることでしょう。

ある程度、生活するための道具がキャンピングカーには揃っています。必要最低限の設備だとしても、その装備が車中泊を充実したものにすることは間違いありません。また、ひとり旅は、旅先で美味しいものを買っても食材などがあまりやすいので、冷蔵庫があるのも便利ですね。

まだ、キャンピングカーを体験したことのない人は、まず、レンタルキャンピングカーでその楽しさを体験することをおすすめします。

おすすめポイント
・ひとり旅は楽しい!
・キャンピングカーは充実の設備
・まずはレンタルキャンピングカーで体験を
WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー活用法
, ,


レンタルキャンピングカーネット