車中泊×グルメ×キャンピングカー=キャンメシ!?<あったか編>

キャンピングカーと食
, , , , , ,

車中泊×グルメ×キャンピングカー=キャンメシ!?<あったか編>

キャンピングカーで車中泊するクルマ旅の楽しみと言ったら、その土地ならではのグルメということで「あれこれ食べたい!あちこち泊まりたい!」と日本全国、食べ周っている私が、以前にも「車中泊×グルメ×キャンピングカー=キャンメシ!?」というテーマでご紹介しました。今回は、その<あったか編>という事で、すっかり寒くなってきた季節に、身もココロもあったかホッコリする料理をご紹介「車中泊×グルメ×キャンピングカー=キャンメシ<あったか編>」です。今まで、こんなコラムあったか?なんちゃって。

北の大地のあったか

北の大地北海道に、冬の季節は余り行く機会がないので、あったか料理は?と思ったら、ありました。ラーメンです。えり~も~のぉ~♪の唄で有名な襟裳岬。えりも岬観光センターで食した「えりも岬名物ラーメン」は、カニ・貝・イカ・昆布などの海鮮エキス、魚介エキスの嵐!滅茶苦茶濃厚なスープと中細・柔らかめの麺で、襟裳岬から「美味しかったぞ~~っ!」と叫びたい位でした。本当はメニューにあった「ミステリーラーメン」にも興味があったのですが、その2,480円(当時)という値段と、エイリアンみたいなものが麺の下に潜んでいたら?怖いので、スタンダードな名物ラーメンにしましたが、大正解でした!

えりも岬観光センター「えりも岬名物ラーメン」
えりも岬観光センター「えりも岬名物ラーメン」

東北のあったか

東北は、比較的寒い時期にも行くことがあったので、そこそこ、あったか料理を食しましたが、どうしても鍋とか麺類になってしまいますね。そこで刺激的な料理から、ご紹介します。

アワビ地獄バター焼き
くるま旅パークCCCパラダイス民宿あすなろ「アワビ地獄バター焼き」

文字通り生きたアワビにバターをのせて焼いてしまうという、あったかどころかあっちい恐ろしくも美味な料理。バターをのせられただけでも身もだえしているアワビが、火をつけて暫くすると己の置かれた状況にハッと気が付くところは、涙無くしては食せない場面でした。でも美味しかった。食べる前の「(命を)いただきます!」という日本語の意味深さを感じました。

きりたんぽ鍋
RVパーク毛馬内七滝温泉「きりたんぽ鍋」

きりたんぽ発祥の地と言われる毛馬内にあるRVパークだから?という訳ではありませんが、こちらの奥様が作った「きりたんぽ鍋」は、ご主人が「作ってから一晩おいた方が、味がしみて美味しいんだよ」言うだけあって、私史上最高の美味しさでした。今は食堂がなくなって食べる事ができない絶メシなのが残念です。

比内鶏つけ麺
RVパークユーランドのある秋田市・無限堂「比内鶏つけ麺」

こちらで食べて帰らないと後悔する料理は?と聞いて、教えてもらったのが、この「比内鶏つけ麺」でした身もココロもほっこりする味に「東北人の良心」をしんみり感じました。

とうもろこしご飯
RVパークだいくら「とうもろこしご飯」

こちらには某有名女優がお忍びで来られるというだけあって、その料理たるや、質・量ともにゴージャスです。籾殻で炊くかまどご飯・スモークオーブン肉料理・自家製ベーコン・熱々焼き立てパンと豪華メニューが目白押しですが、シンプルな「とうもろこしご飯」には、思わずあったかな気分になります。

関東・北信越のあったか

東京在住の私としても、どうしても訪れる回数が多くなってしまうエリアですが、近いからだけではなく、本当に美味しい料理があるから、つい狂暴な腹の虫にせがまれて行ってしまうのです。

長野土鍋ラーメンたけさん
RVパーク小布施屋の小布施にある「長野土鍋ラーメンたけさん」

人気観光スポット小布施にあるRVパークに行ったら、必ず寄ってみたくなるラーメン屋さんです。地元の信州みそを使い、なんと土鍋で作るラーメンは、スープが冷めにくく、最後まで美味しさを楽しめます。しかもそこで終わりではなく、そのスープで作った〆の雑炊は、人生を二度楽しめるかの様な幸福感を味わえます。

〆の雑炊
土鍋ラーメンだから可能になった「〆の雑炊」
爆弾つけ麺
ぐるめパークめん魚房 松月「爆弾つけ麺」

つけ麺と言っても、実際は写真にある大鍋でぐつぐつと目の前で煮込んで、熱々のところを頂くのが圧巻!まさに美味の爆弾でした!味にこだわるガンコ親父のぐるめパークです。また行きたい!

味噌豚鍋
RVパークヘリテイジ美の山「味噌豚鍋」

20台も車中泊できてオフ会大歓迎というRVパークですが、ホテルの料理を楽しむ事もできます。地元秩父の味噌をつかった熱々料理に、大満足してパークで満腹熟睡できることでしょう。

アンコウ鍋
RVパークあじがうら「アンコウ鍋」

RVパークになる前から、あんこう鍋を売りにしていた民宿だったので、お母さんの作る「アンコウ鍋」は、そんじょそこらのものとは違う温かさを感じます。もともと、食べられるシーズンが限られる料理ですが、現在は残念な事にコロナ禍で、こちらのあんこう鍋は休止中との事です。現在は、近くのあんこう鍋を食べさせてくれるお店を紹介してくれるそうですので、事前確認が必要です。

アクアパッツア&ピザ
ぐるめパークひるふぁ~む「アクアパッツア&ピザ」

おいしくて体に良い野菜を食べてほしいという願いから、「春菊ピザ」(写真)など、他では食せないピザを味わう事ができる、ぐるめパークです。ピザだけではなく、パーティーなどで、新鮮な食材を使ったアクアパッツアなどの料理も楽しめます。

アナグマ鍋
ひのはうす@檜原村「アナグマ鍋」

ひのはうすは檜原村にあるシェアハウス。車中泊パークではありませんが、事前にお願いするとキャンカーで車中泊もできます(電源もあります)そこで頂いたのが「アナグマ鍋」こう言うと「ラスカルを食べちゃうの?」って、それはアライグマ。たぬきとアナグマをどちらもムジナと呼ぶことから混同されますが、美味しくないたぬきとは違って、アナグマは不意を突かれたほど美味しい!一説には俗にいう「たぬき汁」とはアナグマ汁だという事です。そのアナグマのオイルで炒めたポテトのまた美味しい事!これだけでも檜原村に行く価値はあります。(猟次第なので必ずしも食べられるわけではありません)

ラーほー
湯YOUパークかんぽの宿石和「ラーほー」

山梨名物のほうとうとラーメンスープが合体したのが「ラーほー」です。最初はこの合体技になんだこれは!?と思いましたが、食べたら結構イケます。これは、かんぽの宿の売店で売っているので、キャンピングカー食にしても、お家に帰って食べても美味しいです。もしかしたら、オリジナルの「旨いもんだよカボチャのほうとう」よりも好きかもしれません。

東海・関西の渋メシ!

食い倒れの大阪がある関西、なぜか?このエリアにはパークが少ない事もあり、美味しい料理の写真が少ないのが残念です。

金目の釜飯
RVパーク伊豆黒根岬の近く稲取港の朝市「金目の釜飯」

RVパークからも見える稲取港の朝市の名物「金目の釜飯」無料の磯汁と一緒に頂くと、本当に、伊豆に来て良かった、生きていて良かったという気持ちで胸もお腹も一杯になります。

海老汁
家呑み処多喜屋「海老汁」

その名の通り、アットホームな雰囲気で、美味しいお酒と料理が楽しめるのが多喜屋さんです。どれもこれも美味しいのですが、ぎょっと美味しかったのが、この「海老汁」です。刺激が多い?お店ですから、いつも明るい笑い声が聞こえてきそうですね。

四国・九州のゴージャスめし

先回のコラムでも、新鮮な素材だけでなく、食文化的にもレベルが高いとお伝えしたのが九州ですが、あったか料理でも、そのレベルの高さには感心してしまいます。

カレーどんめん
RVパークGLAGANAから車で10分博多めん処 峰松本家「カレーどんめん」

まず出てきてビックリ!洗面器の様なデカい器に入った「カレーどんめん」を目の前にして「完食できるか?」と不安が脳裏をよぎります。が、食べ始めるとツルツルとあっという間に完食して、その頃には、体中が太陽の様に火照ります。寒い日にはこの「あったかショック」はクセになるかもしれません。

焼きそば青しそ入り
RVパーク ロイヤルホテル宗像から車で約20分弱焼きそば優心「焼きそば青しそ入り」

車で20分弱かけても食べに行きたい「日田焼きそば」こわもての大将が作るスパイシーな焼きそば。青シソの葉っぱとは思えない千切りが乗った焼きそばを、青シソは混ぜずに、つまむように食べると、口の中に未体験ゾーンが広がります。

具雑煮
RVパークsmart島原城から目の先 姫松屋「具雑煮」

島原の乱で、天草四郎が考案したという「具雑煮」を、なんとお城の中にあるRVパークを出てすぐ、徒歩でも行ける姫松屋さんで頂きました。山の幸、海の幸がいっぱい盛り込まれていて、豊かな島原の産物を集大成したような料理です。島原の乱の天草四郎に思いを馳せつつ頂きました。

スリランカカレー
RVパークsmart道の駅きくすいのお隣肥後民家村内わさんたらんか「スリランカカレー」

「わさんたらんか」は、スリランカとメキシコ料理のお店です。休日は大混雑なので、予約必須!スリランカの方(?)が切り盛りされていて、その頑張りがスパイシーなカレーの味にもなっています。写真の湯気からも分かる様に、正にあったかホットです!

とまあ、今回も、ほんの一部をご紹介しました。先回もお伝えしましたが、まだまだ沢山ある美食については、ご自身で探し出して体験、食験、極楽浄土の扉を開けて下さい。勿論、コロナに気を付けて「誰にもうつさな・誰からもうつされない」クルマ旅で!そんな事ができるのも、「車中泊×グルメ×キャンピングカー=キャンメシ」だからこそですから。

キャンメシグルメ<あったか編>一覧

・えりも岬観光センター

北海道幌泉郡えりも町えりも岬
えりも岬観光センターの詳細はこちら

・くるま旅パークCCCパラダイス民宿あすなろ

青森県むつ市大畑町薬研2-10
民宿あすなろの詳細はこちら

・RVパーク毛馬内七滝温泉

秋田県鹿角市十和田毛馬内字前舘53-7
RVパーク毛馬内七滝温泉の詳細はこちら

・RVパークユーランド

秋田県秋田市八橋イサノ2-16-29
RVパークユーランドの詳細はこちら

・稲庭うどんの無限堂

秋田県秋田市大町1-3-2
無限堂の詳細はこちら

・RVパークだいくら

福島県南会津郡南会津町針生字昼滝山857-27
RVパークだいくらの詳細はこちら

・RVパーク小布施屋

長野県上高井郡小布施町大字中松496-1
RVパーク小布施屋の詳細はこちら

・長野土鍋ラーメンたけさん

長野県上高井郡小布施町布施町 740-1
長野土鍋ラーメンたけさんの詳細はこちら

・ぐるめパークめん魚房 松月

福井県敦賀市岡山町2丁目36-1
めん魚房 松月の詳細はこちら

・RVパークヘリテイジ美の山

埼玉県秩父郡皆野町皆野3415
RVパークヘリテイジ美の山の詳細はこちら

・RVパークあじがうら

茨城県ひたちなか市磯崎町4625-2
RVパークあじがうらの詳細はこちら

・ぐるめパークひるふぁ~む

千葉県柏市伊勢原1-1-1
ぐるめパークひるふぁ~むの詳細はこちら

・里山シェアハウスひのはうす

東京都西多摩郡檜原村6137-1
里山シェアハウスひのはうすの詳細はこちら

・湯YOUパークかんぽの宿石和

山梨県笛吹市石和町松本348-1
湯YOUパークかんぽの宿石和の詳細はこちら

・RVパーク伊豆黒根岬

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3009-1
RVパーク伊豆黒根岬の詳細はこちら

・稲取朝市

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3354
稲取朝市の詳細はこちら

・家呑み処多喜屋

三重県北牟婁郡紀北町町東長島2533-3
多喜屋の詳細はこちら

・RVパークGLAGANA

福岡県大野城市乙金577-1
RVパークGLAGANAの詳細はこちら

・博多めん処 峰松本家

福岡市博多区立花寺1-9-34
博多めん処 峰松本家の詳細はこちら

・RVパーク ロイヤルホテル宗像

福岡県宗像市田野1303
RVパーク ロイヤルホテル宗像の詳細はこちら

・焼きそば優心

福岡県宗像市田久4-1-15
焼きそば優心の詳細はこちら

・RVパークsmart島原城

長崎県島原市城内1-1183-1
RVパークsmart島原城の詳細はこちら

・姫松屋

長崎県島原市城内1-1208
姫松屋の詳細はこちら

・RVパークsmart道の駅きくすい

熊本県玉名郡和水町江田455
RVパークsmart道の駅きくすいの詳細はこちら

・わさんたらんか

熊本県玉名郡和水町江田302
わさんたらんかの詳細はこちら

WRITER PROFILE
さいば☆しん
さいば☆しん(彩羽森)

くるま旅作家。キャンピングカーで日本全国くるま旅。主にキャンピングカーで漫画&コラムを創作、キャンピングカー雑誌や関連サイトに連載したり、ショーイベントではトークショーで、キャンピングカー&くるま旅の素晴らしさをお伝えしています。体内に凶暴な腹の虫を飼っている事でも有名。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカーと食
, , , , , ,

レンタルキャンピングカーネット