ボリューム満点! おかずにもなるミモザスープ

キャンピングカーと食
, ,

mimosa_10

キャンピングカーキッチンでできる「お手軽レシピ」

野外料理は大変。毎回外食もキツイ…そんなとき、車内でちゃちゃっ、と何かできたら…。そこで、車内で簡単に作れる「お手軽レシピ」をご紹介!

基本的に、

  1. ワン・バーナー(一口コンロ)
  2. 一度の加熱は30分以内
  3. ゴミ・排水を少なく。

が、基本ルール。もちろんご家庭でもできるので、トライしてみてくださいね♪

第8回 ボリューム満点! おかずにもなるミモザスープ

ちょっとしたポトフのように、具だくさんで満足度の高いスープです。卵の黄色が鮮やかな、ミモザサラダのスープ版? キャンピングカーでの料理を想定してカット野菜を使用していますが、野菜の歯ごたえが欲しい場合はまるごとキャベツを刻んだり、人参などお好みの野菜をプラスしてみてください。今回の材料は3~4人前です。

材料

  1. 千切りキャベツ 150g入りの袋1/2
  2. コンソメスープの素(キューブ) 2個
  3. パルメザンチーズ(粉) 大さじ3
  4. あらびきウィンナー(1袋)
  5. パン粉 1/2カップ
  6. 玉ねぎ 小サイズのもの1/2
  7. 卵 1個
  8. 水 600cc

1. 玉ねぎとウィンナーを炒める

玉ねぎは繊維に沿って細切り、ウィンナーは一口大に切り、少量の油でいためる。玉ねぎがしんなりして、ウィンナーの皮が反って来るのを目安に。

2. 溶き卵にパン粉を入れる

ボウルに卵(1個)を割りほぐし、パン粉を合わせる。

3. 2.にパルメザンチーズ(粉)を入れる

パルメザンチーズを大さじ3、加えてよく混ぜる。

4. パン粉に卵液を吸わせる

溶き卵、パン粉、パルメザンチーズがまんべんなく混ざるように。パン粉が水分を吸って、ペースト状に。

5. 鍋に水とキャベツを加え、ブイヨンを溶かす

玉ねぎとウィンナーの鍋に水600ccとキャベツ1/2袋を入れ、煮立たせる。ブイヨン2個を溶かす。(キャベツの量はお好みで)

6. 卵とパン粉のペーストを入れる

鍋が煮立って来たら、さらに強火にしてボウルのペーストを全部入れる。

7. 手早くかき混ぜる!

ペーストを全部入れたら、手早くお玉や菜箸でほぐす。卵とチーズが熱で固まってしまうので、素早くスープ全体に行き渡るように。

8. 完成!

もう一度煮立たせたら火を止めて完成。お皿によそって、仕上げに黒コショウを振る。

注目ポイント!

キャベツの千切りはカット野菜を使えば野菜を刻む手間が省け、火の通りもより早くなります。卵とパン粉のペーストを入れるときは強火にして、温度が下がるのを防ぎます。スープの溶き卵や卵とじと同じ要領です。ふんわり卵のコクとチーズの風味が子どもに人気のメニューです。ブイヨンやチーズ、ウィンナーに塩分があるので、味付けに塩は足しません。頼りないようなら、調整してください。
WRITER PROFILE
浅野裕見子
浅野裕見子(あさの・ゆみこ)

ライター、キャンピングカー料理研究家。ガールスカウト日本連盟リーダー。日本バーベキュー協会、中級バーベキューインストラクター。
米軍基地勤務の両親の元で育つ。特に基地内で調理人をしていた母親譲りのレシピの数々は、今も宝物。小学生のころからアウトドアに親しむ。ライターやフリー編集者として、興味あるテーマには片っ端から頭を突っ込む癖あり。大の猫好きで、現在愛猫6匹と暮らす。夫はキャンピングカー・ジャーナリストの渡部竜生。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカーと食
, ,


レンタルキャンピングカーネット