バンコン専門店が手がける初キャブコン「モビリティホーム」!

キャンピングカー紹介
, ,

バンコン専門店が手がける初キャブコン「モビリティホーム」!

三重のダイレクトカーズは、東海エリア最大級のハイエース専門店。車中泊、キャンプ、フィッシング、トランポ、ペット、マリンスポーツなど、ユーザーの趣味や使い方に合わせて多彩な内装カスタムを提案する、車中泊ハイエース&キャンピングハイエースのプロショップだ。

そんなバンコンのプロが、初めてのキャブコンモデルとして開発したのが、「東京キャンピングカーショー2019」で初お披露目されたモビリティホーム。ハイエースをベースにしたスタイリッシュなフォルムと、バンコン製作のノウハウを凝縮した内装デザインで、イベントを訪れた多くのキャンピングカーファンから注目を集めた。

ダイレクトカーズのモビリティホーム内装

バンコン専門店のセンスが生み出すクールなエクステリア

ダイレクトカーズのモビリティホーム外観

ベース車両には、ハイエース最大サイズのスーパーロングを採用している。内装カスタムがメインのバンコンと違い、1BOX車ベースのキャブコンではボディをカットしての大がかりな架装がマストだが、そのすべてを自社で開発。構想から2年の歳月をかけて完成させたフォルムは、初めて手がけたキャブコンとは思えないほどの完成度を誇る。

ボディは、全長5760mm×幅2000mm×全高2630mmの堂々たるサイズ。当然バンコンよりは大柄だが、全幅・全高は控えめなスペックに抑えられ、既存のキャブコンとは一味違うスマートなイメージでフィニッシュされている。

モビリティホームの大型リアドア

エクステリアで特徴的なのは、パッと見、リアエントランス車かと見まがうような、リアエンドの大型外部ドア。開口部が大きいので、リアカーゴの荷物の出し入れもラクにでき、ベッドマットを取り外せばリアエントランスドアとして室内にアクセスすることも可能。アイデア次第で様々な使い方ができる、ユニークな装備だ。

モビリティホームのリアシンク

リアエンドの左手に装備された、アウトドア用シンクもポイントだ。キャンプ場でクルマの横にテーブルやイスを設営してキャンプをしている際、手を洗ったり、食材を洗ったり、食器を洗ったりと、屋外で水を使う機会は意外に多い。そんな時、外に引き出すだけで使用できるシンクがあると非常に便利。蛇口部分が伸縮式のシャワーフォーセットになっているので、愛犬の足を洗ったり、キャンプギアやアクティビティギアの汚れを落としたりと、幅広いシチュエーションで重宝する。

車載エアコン室外機

リアエンドの右手には、家庭用エアコンの室外機がスマートにインストールされている。

ウッドと艶ありレザーが調和したクラシカルなインテリア

モビリティホームの内装レザーシート

ウッド調の家具や光沢のあるブラウン系のレザーをあしらったインテリアは、落ち着きのあるクラシカルなデザインでコーディネートされている。デザインのベースとなっているのは、同社のバンコン「プレミアムフリーワゴン アンティーク」というモデル。レトロで温かみのある同モデルの意匠をキャブコンの室内空間に落とし込み、オリジナリティと落ち着ける空間作りという、2つの要素を両立することに成功した。

リアの常設2段ベッド 広さを確保したモビリティホームのリアベッド

インテリアの最大の特徴は、大人2名が横になれる広々としたリアの常設2段ベッド。リアエンドに常設2段ベッドを配置するのは、キャブコンのファミリー向けレイアウトとしてはスタンダードだが、一般的に大人1人が横になれるシングルサイズがほとんど。
このクルマの2段ベッドは上下ともに1850mm×1050mmのサイズが確保されており、それぞれ2名ずつの就寝が可能だ。バンク部分は収納庫となっているため就寝はできないが、そのぶんリアの常設2段ベッドで4人、2~3列目シートを展開した1900mm×1200mmのダイネットベッドで2人と、合計6人分の就寝スペースが確保されている。ダイネットで食事や晩酌をした後に、そのままリアで4人が横になれるのは、大きなメリットだ。

キャンピングカーのキッチン キャンピングカーの電子レンジと冷蔵庫

2口コンロとシンクが一体となったキッチンは、シンプルながらも使い勝手の良いデザイン。キッチンに向かって左側にセットされた90L冷蔵庫と電子レンジも、標準装備となる。

マルチルーム

マルチルームも十分なスペースが確保されている。トイレルームや収納庫、クローゼットとしてなど、使い方に合わせてマルチに活用できるスペースだ。

モビリティホームの広いカーゴルーム

リア2段ベッドの下は広いカーゴルームになっている。大型外部ドアでアクセスしやすく、ベッドマットを外せば大きな荷物も積載可能だ。

キャンピングカーに搭載した家庭用エアコン

室内には家庭用エアコンを標準装備。リチウムイオンバッテリーと2500Wインバーターもオプションではなく標準で装備されている。

モビリティホームの魅力はほかにも盛りだくさん

モビリティホームの外観

オプションのカスタムパーツでドレスアップされたエクステリアは、カッコよさにこだわるハイエース専門店の面目躍如といったところ。ボンネットやフロントリップスポイラー、16インチアルミホイールなど、好みに応じてカスタムパーツを組み合わせられる。

スライド開閉式サンシェード

フロントシートは、リアのシートと同じブラウン系の艶ありレザーで張り替えられ、クラシカルなテイストでトータルコーディネートされている。運転席と助手席のサイドウインドーにスライド開閉式のサンシェードが標準装備されるなど、実用面も抜かりなし。

モボリティホームの足まわり

キャブコンのボディ形状と重量を考慮して、フロント強化スタビライザーとリアスタビライザーが標準で装備されている。ハイエース専門店として、数多くのバンコンを製作・販売してきたプロショップらしい配慮だ。

カッコよさを重視したスタイリッシュなエクステリアデザイン、クラシカルな雰囲気でトータルコーディネートしたインテリア、必要な装備がほぼ標準化された豪華なパッケージング……。モビリティホームの内外装には、ダイレクトカーズがバンコン製作でつちかったセンスとノウハウが存分に詰め込まれている。

車両本体価格は、848万円(税金・諸費用別途)。これだけ充実した装備のハイエースキャブコンとしては、かなりのお値打ち価格と言えるだろう。

モビリティホーム諸元

ベース車
ハイエースキャンパー特装車
エンジン
ガソリン2.7L
車体寸法
全長5,760mm/全幅2,000mm/全高2,630mm
定員
乗車定員7名/就寝定員6名
WRITER PROFILE
岩田一成
岩田一成(いわた・かずなり)

1971年東京生まれ。キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーフォトライター。日本大学芸術学部卒業後、8年の出版社勤務を経て、2003年に独立。ライター・エディターとして、自動車専門誌を中心に累計1000誌以上の雑誌・ムック製作に携わる。家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに約1000泊以上のキャンプ・車中泊を経験。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』がある。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介
, ,


レンタルキャンピングカーネット