東京モーターショー2019のキャンピングカー

NEWS
, , , , , ,

東京モーターショー2019のキャンピングカー

東京モーターショーが10月24日〜11月4日の日程で開催されています。会場はお台場の有明エリアと青海エリア。ビックサイト、メガウェブ、青海展示場を結んだ広い範囲なので、お台場全体でモーターショーを盛り上げているような感じです。

室内展示以外にも、屋外展示も多く、さらに、今回はいろいろな体験ができるブースもたくさん用意されています。そして、広い会場の一部に展示されていたのがキャンピングカー。東京モーターショーでもキャンピングカーが展示されるようになったんです。

東京モーターショー2019へのアクセスは?

東京モーターショーへ行くには、お台場のビックサイトやメガウェブを目指してください。ビッグサイトではこれまでのモーターショーらしい、乗用車などの室内展示が開催されています。メガウェブ側では商用車・用品などの展示が行われています。

キャンピングカーの展示されているエリアは青海エリア側。新交通ゆりかもめの青海駅から降りて、メガウェブを抜けた広場に展示されています。展示ブースはカートラによるキャンピングカーの展示ということで、カートラエリア夢の広場と名付けられていました。

ハイエースのキャンピングカーがずらり

レムフォレストスーパーハイルーフ仕様

展示されていたクルマは5台。展示車両は開催期間途中で入れ替えられることになっているそうです。取材当日は、ハイエース系のバンコンが3台、キャブコン1台、輸入車1台というラインアップ。ハイエースの中でも、ひときわ目立っていたのがこのrem Forest Super high roof(レム フォレスト スーパーハイルーフ仕様)でした。

レムフォレストスーパーハイルーフ仕様の内装

その圧倒的な大きさが、来場者の目を引いています。このクルマはキャンパー鹿児島のキャンピングカーがオートバックスで購入できる専用モデルとして制作した1台。その最大の特徴は車高の高さです。ベース車両として利用されているのは、救急車などに使われているハイエースのスーパーハイルーフ仕様車です。

レムフォレストスーパーハイルーフ仕様の室内高

中に入ってみると、広々とした空間に驚きます。バンコンですが室内を立って移動できます。室内高は185cmもあるので、圧迫感もありません。また、オートバックスモデルの基本コンセプトでもある、リチウムイオン電池もしっかりと装備。家庭用エアコンが13時間も利用できる、パワフルな電源システムが組み込まれています。これなら災害時も安心。

ヨーロピアンな高級キャンピングカーを体験

ハイマーExsis-t374

キャンパー鹿児島のお隣にはハイマーが展示されていました。ヨーロッパのトップブランドで、高品質なキャンピングカーを製造しているドイツのメーカーです。そのヨーロッパらしい、高級感あふれるインテリアには憧れを抱いてしまいます。また、オーニングの外にはおしゃれなファニチャーが並べられ、クルマのキャラクターともよく合っていました。

展示をしていたのはハイマープレミアムショップのRVランドです。モデルはExsis-t374。コンパクトセミインテグラルモデルで軽量かつスタイリッシュなヨーロッパらしいクルマです。国内でも扱いやすいちょうどいいサイズということで、国内でも人気のあるモデルだそうです。

内装にこだわったキャンピングカー

日本特種ボディーのサクラ

国産のキャブコンも負けていません。こちらは日本特種ボディーsakuraです。ベース車両がいすゞBe-cam1.5t。Be-camはいすゞのエルフをベースに、キャンピングカー専用の設計変更をした車両です。

オーダーメイドされたインテリアは統一感があって、独特の雰囲気。オーナーのこだわりが出ています。キャンピングカーは日常を持ち運べますが、逆に非日常も体験できる、マルチな存在です。自分らしいスタイルを求めるなら、オーダーの自由度が高いビルダーを選ぶのもおすすめです。

ハイエース✕バンライフ

ハイエースCRAFT PLUS

個性でいえば、こちらのCRAFT PLUSのハイエースバンも存在感がありました。丸目のフロントマスクにVW風のホイールを履いて、あざやかなスカイブルーのボディ。アメリカ西海岸テイストを放つ、見ているだけで楽しそうなクルマです。

ハイエースCRAFT PLUSの内装

ヘリンボーンのフロアに、あえてシンプルな家具を組み合わせたインテリア。シンプルさがオシャレ感を強めています。車内のテーブルはアウトドアフィールドでも使えるようになっていて、オーニングの下に置かれていたテーブルは車内から移動したモノでした。

キャンピングカーレンタルではなくカーシェアリング

Carstay

キャンピングカーを見ていると、乗りたくなってしまいますよね。そんな時、気軽にクルマを借りられるサービスを提案していたのがCarstayでした。展示されていたクルマはバンライフストーリーというクルマで、バンタイプのキャンピングカーです。

このクルマをカーシェアリングできるというのです。「あれっ、レンタルではない」と思いますよね。そうなんです。Carstayが提案しているのはシェアリングスタイル。車中泊できるバンをシェアするサービスで、維持費を軽減したいクルマのオーナーと、気軽に利用したいユーザーとをマッチングしてくれるのです。

まだまだ楽しめる東京モーターショー2019

展示車両は入れ替えられるため、後半は下のリストのクルマが展示される予定となっています。広々とした東京モーターショーの会場でキャンピングカーを楽しみましょう!

WRITER PROFILE
渡辺圭史
渡辺圭史(わたなべ・けいし)

1971年東京生まれ。アウトドア好きな編集者、そして、算数が好きだったライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌編集長に。現在はフリーとして、いろいろなメディアにて執筆中。アウトドアをキーワードに、より楽しいライフスタイルを求めてゆるりと奮闘中。最近気になっているワードは、旅、ミニマリスト、車中泊。趣味はコンパクトな旅とモノづくり。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS
, , , , , ,


レンタルキャンピングカーネット