新次元!?『CAMP JAPAN in 富士スピードウェイ 2018』に行ってきました!

NEWS

campjapan_01

富士スピードウェイで開催されたCAMP JAPAN in 富士スピードウェイ(2018年10月12~14日)に行ってきました。

CAMP JAPAN主催者インタビュー

『CAMP JAPAN』とは?その生みの親でもある荒木さん(ナッツRV社長)にお話を伺いました。

ナッツRV 荒木賢治社長
ナッツRV 荒木賢治社長

ズバリ!CAMP JAPANとは?

【荒木社長】新しい遊びの提案と出逢いの場所の提供です。弊社は、カスタムカーから出発してから25年、キャンピングカーは普通の車ではない「楽しむためのツール」だと思っており、「見せる(魅せる)」「出逢う」「新しい遊び(それも人が集うからできる遊び)」を大切にしてきました。それが、『ナッツRVのキャンプ大会が日本一』と言われる所以ですが、それを日本全体レベルに広げ、高めたいと思っていました。なぜなら、日本は、キャンピングカーの先進国である欧米に比べて、車中泊に対するインフラ整備、文化が遅れている。
例えば、安全・安心・快適といえるキャンプ地が、日本では約300箇所に対して、米国は約11,000箇所、フランスも約11,000箇所。日本のアウトドアにしても、グッズは売れても行く所がないという残念な状況。産業の発展の為にも「造るだけ」「売るだけ」ではなく、文化が根付くことをやらなければならない。そこで、CAMP JAPAN「新しい遊びの提案と出逢いの場所の提供」なんです。
まずは、色んな会場・業界・企業とコラボし、キャンプ大会を中心に“新しい遊びの提案”と“出会いの場”を作っていく。それを全国的に広げ、繋げていこうと思っています。

CAMP JAPANが社会に与える影響は?期待する事は?

【荒木社長】多くの方に色々な新しい遊びをご提供できます。今回のCAMP JAPAN in 富士スピードウェイも、その発端は、富士スピードウェイ側の「もっと一般の方に今回のWECの様なモータースポーツの楽しみを知ってほしい」という想いと、我々の「もっと一般の方にキャンピングカーの新しい楽しみ方を知って欲しい」という想いが、見事に合致、「WEC(富士6時間耐久レース)+キャンピングカー」が実現しました。
富士スピードウェイも「レースだけを見に来てもらおう」という考えから、「富士スピードウェイに来てレースも楽しみながら色んなコンテンツも楽しんでもらいたい!」に変わってきました。今回のキャンプジャパンもレースとキャンプ大会の他に、サーキットコースをキャンピングカーで走る“パレードラン”に始まり、“漫才ステージ”や“ものまねライブ”“Eバイク試乗会”“サーキットサファリ”それから“プロレス”、最後は“花火大会”で締めました。同様に、色々な遊び、例えば、「フットパス」「ツールドフランス的な自転車競技」「ラグビーワールドカップやオリンピックなどのスポーツ」や、「ミュージックコンサート」「日本各地の祭りや花火大会」まで、黙っていては広がらないところまで、CAM JAPANで全く新しい遊びを提案する事ができると思います。

CAMP JAPANの未来予想図は?

【荒木社長】CAMP JAPANの新しい遊びの提案と出逢いの場所の提供は、地方創生も可能になります。現在、どんなに良いところでも人が来ないという悩みを抱えている地方が少なくありません。キャンピングカーは、弱体化しているローカル交通や、減少している宿泊施設を補う事が可能です。それに「新しい遊びの提案」がプラスされれば、新しい可能性が生まれます。現在、インバウンドの来日数約3000万人に対して、フランスは約8000万人、単なる商業イベントよりは、楽しんで喜んでもらえるイベント、CAMP JAPANの様なイベントが必要です。
また、色々な業界とのつながりも生まれてきます。アウトドアのホビー・レジャーなど、自然に出来るものではなく、意図的に創出しないとできない「新しい業界」が生まれる可能性があります。例えば、今回のレース観戦やペットイベントや宿泊を伴った自然学校とのコラボなどもそうでしょう。CAMP JAPANの未来に関しては、スタートしたばかりでお伝えできないことがまだまだ沢山あります。その中でも、来年は大阪や札幌で開催することが決定しておりますので今後にご期待ください。

なるほど、お話を伺っていてもワクワクしてきますね。それでは、早速、そのCAMP JAPANの様子をお知らせ致しましょう!

新しい遊びの提案とは?

参加者のキャンピングカーが続々と集結!
参加者のキャンピングカーが続々と集結!

まずは、初日の冒頭からインパクトのあるイベント「パレードラン」です。
これは、なんと!憧れ?のサーキットコースを自分のキャンピングカーで走ってしまうというもの!

スタートを今や遅しと待つ間に、皆さん記念撮影
スタートを今や遅しと待つ間に、皆さん記念撮影
見て見て!この勇姿!気持ちイイ~~っ!!
見て見て!この勇姿!気持ちイイ~~っ!!
あのエアストリームも、意外とサーキットコースに似合います
あのエアストリームも、意外とサーキットコースに似合います

前夜祭セレモニーでは、漫才ステージで笑かしてくれます。
“オフ会+お笑い=これも新しい遊び”の提案です。

CAMP JAPANでは、お馴染み「上々軍団」
CAMP JAPANでは、お馴染み「上々軍団」

メインの二日目も、色々な遊びがテンコ盛り!
初日には自分の愛車で走ったコースを、今度は観光バスに乗って・・
しかも!しかもですよ!レーシングカーが傍らを走りぬけるんです!

サーキットコースを遠慮がちに?バスが走るその傍らを・・・
サーキットコースを遠慮がちに?バスが走るその傍らを・・・
レーシングカーが激走!咆哮するエンジン!その迫力たるや半端ない!!
レーシングカーが激走!咆哮するエンジン!その迫力たるや半端ない!!

CAMP JAPANエリアに戻ると、オープニングセレモニーに始まり、これまた、新しい遊びやイベントが目白押しです。

魂にまで響くビート!「足久保太鼓」お見事です!
魂にまで響くビート!「足久保太鼓」お見事です!

更には、漫才ステージやトークショーなども・・・。

大日本プロレスチャンピオン鈴木秀樹トークショー
大日本プロレスチャンピオン鈴木秀樹トークショー

司会は、辻よしなりさん、ミヤマ☆仮面の娘さんも!カワイイっ!

上々軍団のさわやか五郎さん相手に、荒技の実演?も!!
上々軍団のさわやか五郎さん相手に、荒技の実演?も!!

無料シャトルバスで行けるFSWのイベントステージでは、関連イベントも行われていました。「森のプロレス」には、トークショーの鈴木選手も参戦していました。

森のプロレスは中々の人気で、多くの方が観戦・応援していました
森のプロレスは中々の人気で、多くの方が観戦・応援していました
頑張れ!思わず声も出ます。手に汗にぎります!
頑張れ!思わず声も出ます。手に汗にぎります!
もちろん!森のプロレスをプロデュースするミヤマ☆仮面(垣原賢人さん)も参戦です!
もちろん!森のプロレスをプロデュースするミヤマ☆仮面(垣原賢人さん)も参戦です!

こんな感じで、普通のオフ会だったら、体験出来ない様な新しい遊びが、ここかしこに、提案されていました。進化するCAMP JAPANの新しい遊びに今後にも期待です。

出逢いの場所の提供もCAMPJAPAN!

ハロウィン風?
ハロウィン風?

オフ会自体が出会いの場です。皆さん、それぞれ思い思いに楽しんでいます。

フル装備でまったりと・・・
フル装備でまったりと・・・
こちらでは、この機会にと?修理してる人も・・・
こちらでは、この機会にと?修理してる人も・・・
ワンコたちもCAMP JAPANをルンルン楽しんでいます
ワンコたちもCAMP JAPANをルンルン楽しんでいます

もちろん、自由気ままに個々に楽しむのも良いですが、CAMP JAPANでは、集って交流、出逢いの場も色々と提供していました。

campjapan_20
「私、この唄好き!」「あっ、私も!!」皆で口ずさみ、心が一つになったものまねライブ!
「私、この唄好き!」「あっ、私も!!」皆で口ずさみ、心が一つになったものまねライブ!
参加者のほぼ全員が参加して会場全体が一挙に感動した花火大会
参加者のほぼ全員が参加して会場全体が一挙に感動した花火大会

この他、富士スピードウェイで開催という地の利を生かしたイベントなど・・・

レース好きには、たまらないイベントを一緒に楽しむ
レース好きには、たまらないイベントを一緒に楽しむ
レース好き出ない方も楽しめる展示も一緒に楽しむ!
レース好き出ない方も楽しめる展示も一緒に楽しむ!

これだけ、色々な楽しみ方、人との交流があるのは、CAMP JAPANならではですね。

WECを楽しむ!

ずらりと並んだレーシングカーと整列したレーサーたち・・・
ずらりと並んだレーシングカーと整列したレーサーたち・・・

今回の目玉と言えば、WEC(富士6時間耐久レース)でしょう!開催期間中に、予選から本戦まで、バッチリ楽しめてしまいます。これまでのWECは、車中泊したり、キャンプサイトでキャンプしたりという方が殆どでしたが、CAMP JAPANでは、キャンピングカーのオフ会として楽しめました。特に本戦スタートセレモニーは感動的でした。

国歌斉唱の厳かで荘厳な雰囲気と・・・
国歌斉唱の厳かで荘厳な雰囲気と・・・
サプライズな演出・・・
サプライズな演出・・・
そして、いよいよスタート!!
そして、いよいよスタート!!
TVやサイトでは味わえない、リアルな迫力、ケタ違いの感動!
TVやサイトでは味わえない、リアルな迫力、ケタ違いの感動!
目の前で繰り広げられる熱戦!
目の前で繰り広げられる熱戦!
やっぱり、ホンモノは違う!!
やっぱり、ホンモノは違う!!

これは、欧米では当たり前の「キャンピングカーでモータースポーツ観戦」が、CAMP JAPANで、いよいよ日本でも実現したと言っても過言ではありません。

今回は、キャンピングカーショーも同時開催!

右手前CAMP JAPANエリア、左奥には、境目無しでキャンピングカーショー
右手前CAMP JAPANエリア、左奥には、境目無しでキャンピングカーショー

今回のCAMP JAPANで特筆すべき点は、キャンピングカーショーの同時開催です。

一見、普通の屋外キャンピングカーショー
一見、普通の屋外キャンピングカーショー
魅力溢れる、新しいキャンピングカーが展示されています・・・
魅力溢れる、新しいキャンピングカーが展示されています・・・
違うのは、すぐ隣にCAMP JAPANがあることです
違うのは、すぐ隣にCAMP JAPANがあることです

キャンピングカーショーで「キャンピングカーって良いなあ」と思ったお客様が、すぐ隣に行くと、リアルにキャンピングカーでCAMP JAPANを楽しんでいる人たちがいるので、その想いが加速されたのではないでしょうか?もしかしたら、その勢いで契約された方もいたかもしれませんね。

今後が楽しみ、期待のCAMP JAPAN!

恒例の大抽選会!
恒例の大抽選会!

楽しかったCAMP JAPANの三日間もフィナーレイベントとなりました。

これも、新しい遊びに満足した人々の出逢いの場でもあります
これも、新しい遊びに満足した人々の出逢いの場でもあります
特等は、豪華自転車!羨ましい!素敵な思い出と一緒に良いお土産になりました!
特等は、豪華自転車!羨ましい!素敵な思い出と一緒に良いお土産になりました!
ジャンケン大会も盛り上がります!
ジャンケン大会も盛り上がります!
最後は皆で「CAMP JAPAN !」ポーズで決めっ!
最後は皆で「CAMP JAPAN !」ポーズで決めっ!

「新しい遊びの提案と出逢いの場所の提供」を十分に体感した三日間でした。でも、まだ満足してはいけません。荒木社長の「スタートしたばかりでお伝えできないことがまだまだ沢山あります。その中でも、来年は大阪や札幌で開催することが決定しておりますので今後にご期待ください」という言葉に、更にワクワクドキドキするのは私だけでしょうか?

WRITER PROFILE
さいば☆しん
さいば☆しん(彩羽森)

くるま旅作家。キャンピングカーで日本全国くるま旅。主にキャンピングカーで漫画&コラムを創作、キャンピングカー雑誌や関連サイトに連載したり、ショーイベントではトークショーで、キャンピングカー&くるま旅の素晴らしさをお伝えしています。体内に凶暴な腹の虫を飼っている事でも有名。

キャンピングカーライター一覧へ

NEWS


レンタルキャンピングカーネット