キャンピングカーは動く書斎

キャンピングカー活用法

shosai_01

最近ではキャンピングカーをビジネスで利用する人もいると言います。時間を選ばない、場所を気にしない。常に話し合える、制作できる。交通手段の混雑状況を気にしなくてよい。宿不足を気にしなくてよい。確かにそんな効果が期待できるキャンピングカー、最高のビジネスツールといえるかもしれませんね。

そこまでとはいかなくても、先日私が九州までドライブをして、その道中で感じた、書斎としての価値。移動オフィスというよりはもう少しパーソナルな価値についてまとめてみようと思います。

shosai_02

どこまで走るかという自由

shosai_03

当たり前のことですが、キャンピングカーはクルマでもあるのです。A地点からB地点までの旅程、フィックスして出発しなければならないと思っていませんか?そんなこと必要ないのです、キャンピングカーなら。月がきれいだから今日はここで夜を明かそうか。とか。カモメがのんびり飛んでいるから画でも書こうか、とか。近くに友達がいるから、目論見よりも逆に少し足を延ばして。そんなことも可能なのです。でも、それができるのも、キャンピングカーだから、なのです。寝ることができて、クルマを道端に停め、ゆっくりととどまるひと時を持てること。意のままに動ける、そんなアクティブな自分の居場=書斎でありつつ、それはとりもなおさず、極めて静的なクルマということもできるかもしれません。今までにないクルマの愉しみがここにあるのです。

好きな借景を求めて移動する

shosai_04

ふと目を移すと風光明媚、もし、自分の書斎がそんな場所に合ったら、ちょっとアガリますよね、気持ち的に。しかし、そうそういいロケーションに書斎だけ、とはいかないでしょう。けれどもキャンピングカーはそんなことも可能なのです。なぜなら不動産ではなく、自ら動く車、すなわち自動車だからです。嫌ならよそに移動すればよいし、行ってみたいところ、好きなところに行くことができるのですから。好きな本を持っていきますか。最近見つけたお店でとっておきのコーヒー豆を見つけたので、そんなのとミルやら、一式道具を積んで、「一杯のコーヒーを飲みに出かける」そんなのも一興ではないでしょうか。

shosai_05

明日は満月、マイグラスを冷やしながら

shosai_06

家だとマイグラスを冷蔵庫で冷やすというのも、なかなか家族の手前難しいということもあるでしょう。キャンピングカー書斎なら、グラスなんかいくつも入れておいて、その時の気分で、なんてことだって可能なのです。そして夜な夜な暗い森の中の道を進む。その先に月が見えて、そんなので按配をみながら、明日は満月か。あの岬まで行ってみるか。などということも可能です。ゆっくりと椅子に腰を下ろしながら、一人で晩酌。そんなのもいいのではないでしょうか。気の利いた一句でも浮かんだら是非そんなのもしたためておく。そのあとはそのまま夢の中に。キャンピングカーはあなたを詩人にでもするかもしれませんね。

もちろんどこででも本を読む、ものを書く。この時代ですから仕事だってこなせるでしょう。しかし、そんな立ち止まることのできない多忙なスケジュールをサポートするという意味ではなく、一人の人間として、スゥっと深呼吸して、新たなスタートを切ることができる余裕。キャンピングカーがもたらしてくれるのはそんなことなのかもしれません。多忙と隣り合わせの至福のひと時、かけがえのない休息。キャンピングカーがあれば、忙殺さえも打ちのめすことができるのかもしれませんよね。次の時代も、否、いつの時代でも、自分を保てる場所。そんなスペースを持つクルマ、キャンピングカーはますます注目され、様々な使われ方をするのかもしれませんね。

shosai_07
WRITER PROFILE
中込健太郎
中込健太郎(なかごみ・けんたろう)

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業後、自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情は今も明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー活用法


レンタルキャンピングカーネット