過去最大規模! ジャパンキャンピングカーショー2017

キャンピングカー紹介, NEWS

ph2154

今年も、アジア最大級のキャンピングカーショー、ジャパンキャンピングカーショー2017が2月2日(木)〜5日(日)、幕張メッセにて開催されました。
昨年まで1〜3ホールで開催されていましたが、今年はお隣4ホールの半分まで拡張。
過去最大規模のショーとなりました。

熟成・進化を続ける国産キャンピングカー

和のテイストを入れた軽キャンパー
和のテイストを入れた軽キャンパー
  • 出展されたキャンピングカーの台数、341台。
  • 来場者数、74,259人。

事前にWeb登録をすれば入場料が無料になる(ペットについては有料)というのも、今年の大きな特徴でした。そのおかげもあってか、来場者数も過去最大数を記録。年々、キャンピングカー人気が高まっているのを証明する数字です。

これだけ沢山のキャンピングカーが集まると、それはそれは壮観です。
北は北海道から、南は九州まで。全国各地のビルダーが、自信作を持ち寄りました。
一般の乗用車と違って、キャンピングカーはすぐ近所に売られているものではありません。いろんな会社の提案を一度に見比べることができる、ショーは絶好の機会なのです。

ダウンサイズされたアメリカ製キャンピングカー ウィネベーブ・フューズ
ダウンサイズされたアメリカ製キャンピングカー ウィネベーゴ・フューズ

さて、今回のショーはどんな展示があったでしょう。
多くを占める国産キャンピングカーについて言えば、まさに「熟成の域」、そして「止まらぬ進化」の年だったといえるでしょう。
サイズやタイプ、レイアウトがよりどりみどりだったのは例年と変わりませんが、ユーザーのさまざまな使い方に対応できる、装備面でのバリエーションが豊富になりました。
特に目を引いたのが、家電関連。中でも、家庭用エアコンを装備した車両が増えたのが印象的でした。
ここへ来て、装着率が格段に上がった背景には、バッテリーの発達があります。従来の鉛バッテリーであれば3個以上搭載しなければなりませんでしたが、エネルギー効率に優れた、リチウムイオンバッテリーなど小型軽量なシステムが登場し、家庭用エアコンを搭載できる車両がどんどん増えているのです。中でもテレビなどのマスメディアがこぞって取材していたのが、日産自動車が展示した、NV350ベースの「グランピングカー」でした。

豊富に家電が使えるNV350キャラバン。リチウムイオンバッテリー 搭載車
豊富に家電が使えるNV350キャラバン・リチウムイオンバッテリー
搭載車

「グランピングカー」は、同社が電気自動車「リーフ」に搭載しているバッテリーをサブバッテリーとして使用。容量はリーフの半分ですが、3泊4日程度、エアコンや冷蔵庫、電子レンジを使えるだけのパワーを備えています。(車両エンジンはガソリン使用)。 「アウトドアのキャンプではなく、どこで・どんな風に過ごしても快適でいられる『グランピング』をイメージした」と、同社の南沢さんは言います。

ここでさらに興味深いのは、日産はこの車を、「あくまでもベース車両として売り出したい」ということ。
日産が華々しく展示したことで「すわ、ナショナルブランドがキャンピングカー製造に参戦か?」と思いきや、さにあらず。架装した状態で展示はしていましたが、日産としては、あくまで『ベース車両』としてビルダーに販売したい考え。
従来のキャラバンベースのひとつとして、供給してゆきたいとのこと。グランピングレベルの機能をを備えた、様々な車両が各社から発売される可能性があるのは、嬉しい限りです。

日本の市場に海外からも注目が!

フィアット・デュカトはベース車に最適!?
フィアット・デュカトはベース車に最適!?

日本のキャンピングカー市場には、海外からも熱い視線が注がれています。今回特に注目されていたのが、イタリア・フィアット社。以前からヨーロッパからの輸入キャンピングカーのベース車両として知られていた「デュカト」を、本格的に、正規ディーラー車として取り扱う計画を発表したのです。
これはどういうこと?なぜニュースなの?と思われるかもしれません。今までだって、デュカトベースのキャンピングカーは、販売されていましたよね。
デュカトは、日本で言えばハイエースやキャラバンのような、いわゆる商用バン。欧米ではごく普通に、配送などに利用されています。
これまで、フィアットの日本法人はこのデュカトを輸入してきませんでした。日本のキャンピングカーディーラーは、ヨーロッパで架装された、「デュカトの加工品」を仕入れて販売。つまり、従来は「並行輸入」だったのです。
もちろん、並行輸入でも、各キャンピングカーディーラーが品質保証やアフターケアをしていますので、不安はありません。ただ、今回の発表で、フィアット社がデュカトを正式に輸入することになれば、「日本のキャンピングカービルダー」が「日本独自のレイアウトを架装」できるようになる、ということです。
さて、日本のビルダーさんたちは、デュカトにどんな架装を施すでしょうか。それも今後、楽しみです。

レンタルキャンピングカーも活況!

キャンピングカーのレンタルコーナー
キャンピングカーのレンタルコーナー

さらに大きく話題だったのは、キャンピングカーのレンタル会社が続々と登場したことでしょう。
キャンピングカー未経験の人にとって、いきなり購入を考えるのはあまりにもハードルが高いもの。まずはレンタルで試してみたい、という人も増えています。
そんな情勢を反映してか、レンタル会社も急速な盛り上がりを見せています。
今回、拡張された4ホールには、多くのレンタル会社が出展。
関東を中心に店舗を展開しているレヴォレーター社は、屋外駐車場を利用して、すべてのタイプ(バスコン、キャブコン、バンコン、軽キャンパー)の運転体験試乗会を実施。どの車種も、事前予約・当日予約ともにあっという間にふさがったといいます。 体験した人は「意外と大きさを感じずに乗れますね」などと話していました。

キャンピングカーの体験試乗会
キャンピングカーの体験試乗会

ネクストライフ社は、レンタル向けオリジナル車両を展示。
「レンタル用として過不足ない設備と、取り扱いの簡単さを実現した」といいます。
実際、初めてレンタルをすると、ベッド展開などでまごつくことが多いもの、このオリジナル車両は、後部に常設2段ベッドを備えており「判りやすい」レイアウトになっています。

ネクストライフのバンコン movilla 538 Premium
ネクストライフのバンコン movilla 538 Premium

デュカトが注目を集めたのと同様、海外勢がレンタル市場に参入してきたのもトピックスでした。
アメリカ最大手のキャンピングカーレンタル会社「エルモンテRV」。年内配備に向けて、なんと70台もの国産キャンピングカーを発注済というから驚きです。
ヨーロッパ最大手の「マクレント」は、日本のビルダー「かーいんてりあ高橋」と「ミスティック・プランニング」が中心になって設立。レンタル仕様のキャンピングカーを独自開発するといいます。
両社とも、海外からの『インバウンド需要』を主眼にしているといいますが、もちろん「国内需要にも応えていきたい」とのこと。
また、欧米でのキャンピングカー旅行の窓口としても、今後は機能させていきたい、と語っています。

エルモンテRV もレンタルの日本市場へ参入
エルモンテRV もレンタルの日本市場へ参入

インバウンド需要、国内需要を問わず、レンタルが普及することは、周辺ビジネスを含め、キャンピングカーマーケットのますますの充実につながります。
これでユーザーのすそ野がますます広がり、市場拡大につながると期待されています。

さて、話題の多かった今年のジャパンキャンピングカーショー。
これらのニュースを受けて、どんな一年になるでしょうか。これからも注目してゆきたいと思います。

WRITER PROFILE
渡部竜生
渡部竜生(わたなべ・たつお)

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫7匹とヨメさんひとり

キャンピングカーライター一覧へ

キャンピングカー紹介, NEWS


レンタルキャンピングカーネット