オートキャンプ場、RVパーク、道の駅を徹底比較!

キャンピングカー活用法

1164-small

キャンピングカーを車中泊される場所として代表的なのは「オートキャンプ場」、日本RV協会が安心、快適に車中泊出来る施設として整備を進めている「RVパーク」、そして「道の駅」です。それぞれの利点を比較しました。

image1
キャンプ場ではリゾート感、アウトドア感が味わえます。
キャンピングカーで車中泊したときの比較表
 オートキャンプ場RVパーク道の駅
料金
電源×
リゾート感
ごみ処理×
お風呂
安全性
静粛性
バーベキュー×

【総評】

日常と違う、リゾート感、アウトドア感はやはり専門施設のオートキャンプ場が秀でています。 RVパークもリゾート感を出しているところもありますが、従来からある駐車スペースを改造したところなどはリゾート感が十分でないところもあります。

オートキャンプ場とRVパークの料金には差がでますが、オートキャンプ場の方が一般的に高くなります。 RVパークは通常キャンピングカー1台分を料金としてカウントするだけですが、オートキャンプ場は区画料金の他に施設使用料として入場した人数分の料金がかかります。また、オートキャンプ場によっては電源を使うと別料金になっているところも多くあります。

image2
RVパークは充電OK!

お風呂はどこも△にしたのは施設によってかなりバラツキがあるためです。オートキャンプ場は立派な温泉がある場合やコインシャワーだけといった施設もあります。RVパークと道の駅は、入浴施設が全くないことが多いですが、日帰り温泉が隣接していたり、近くにあることもあります。

3者とも基本的には施設は郊外にありますが、京都にあるRVパークは京都市内にあり、観光の拠点になります。RVパークは今後町中の観光地近くに設置される可能性もあり、そうなればキャンピングカーの使い方にも新たな展開があると思います。

道の駅の優位点は受付がないので、出入りの時間が自由なことです。金曜日の夜に出発するときなどは仮眠場所として、道の駅の利用が多くなると思います。 ただ、道の駅では車中泊を禁止しているところもありますので、駐車時に看板などで事前に十分確認して下さい。

image3
道の駅では車中泊禁止のところもあるので十分注意して下さい

キャンピングカー活用法


レンタルキャンピングカーネット